自分のキャリアアップに活用できる

日本デザインプランナー協会の口コミ評判において、多くの方が「キャリアアップにつながった」という高評価をしています。デザイナーと言うと、技術の進歩に伴い仕事の幅が拡がりつつある職業です。絵に関するデザイナーはもちろんのこと「WEBデザイナー」「インテリアデザイナー」「フラワーアレンジメント」など、多種多様です。そして、そのデザイナーの方の多くがキャリアアップについて悩んでおられるようです。デザイナーの仕事は評価が行いにくいため、なかなかキャリアアップが難しい職業です。しかし、各種デザイナーの資格を有することでその技術を証明することができるため、資格取得がキャリアアップに直結します。

デザイナーにとって必要なものはセンスです。そのセンスを理解してもらうことによって成り立ちます。しかし、人によって芸術に対する解釈の仕方は様々です。同じ作品を見ても「素晴らしい」と感じる人もいれば、「いまいち」だと感じる人もいるでしょう。その解釈の差がデザイナーを悩ませています。多くの人に認めてもらおうとして作品を作ると、万人受けする無難な作品が生まれる一方で、自分のセンスは隠されてしまいます。そこで、デザイナーの技術を証明する資格があれば、人々の評価を一定以上に保つことが可能です。自分のセンスを前面に押し出した作品を見てもらった時に「いまいち」と感じた人でも、資格があれば「技術はある」という評価をしてもらうことができます。

趣味を仕事にすることができる

日本デザインプランナー協会で取得可能な資格の中には「フラワーアレンジメント」や「ネイルアート」といったものもあります。これらは趣味でやっている方も多く、特に女性の方からの人気が高いです。日本デザインプランナー協会の口コミ評判の中には、こういった趣味から仕事に結びついたという声も多数見られます。趣味でやっていたことで資格を取得し、開業をされた方もいらっしゃいます。

資格取得において大事なのは、「継続して勉強する」ということです。せっかく資格取得の勉強を始めても、途中で諦めてしまっては意味がありません。特に、自分に興味のない内容となると、勉強が苦痛で仕方ないかと思われます。その点、趣味で「フラワーアレンジメント」や「ネイルアート」をされている方ならば、その趣味の延長上となり、継続もしやすいです。楽しみながら勉強ができるということは、資格取得のポイントとなります。そして、その資格を活用してスクール講師や教室を開くことも可能となります。好きなことを仕事にできるというのは幸せなことです。

取得できる資格の種類が多い

これまで述べてきた以外にも、日本デザインプランナー協会では多種多様な資格が取得可能です。日本デザインプランナー協会の口コミ評判には「デザイン関係の資格が多い」といった声が多数ありました。仕事に必要だから資格を取得される方、趣味でやっていることで資格を取得される方、キャリアアップのために資格を取得される方、様々な理由で資格を取得される方がおられます。日本デザインプランナー協会のホームページを見れば、自分にはどの資格が必要なのか判断することができます。

例えば「実践建築模型」「空間ディスプレイデザイナー」といった、模型を使ったプレゼンや空間デザイナーのための資格や、「インテリアデザイナー」「インテリアアドバイザー」といった、インテリアデザインの作成や提案をする方のための資格など様々です。一言でデザイナーと言っても幅が広いため、通常はこのように細かく分類されるものです。各種デザイナーの方からは、こういった細かな分類に対応した資格の種類が多い点で高評価を得ています。