飲食に関する仕事に直結する

日本安全食料料理協会の口コミ評判をまとめると、「飲食に関する資格が豊富である」という声が圧倒的に多いです。そして、その飲食に関する資格を活かした仕事に直結している点も人気の理由の一つです。例えば「カフェオーナースペシャリスト」や「紅茶アドバイザー」などは、それぞれ喫茶店の経営やスクールで講師として働くことができるようになります。もちろん趣味で資格を取る方もおられますが、資格を活かした仕事に就くために取得される方も多いです。

自分がお客さんだと仮定して、喫茶店に入るとしましょう。その時に、「カフェオーナースペシャリスト」や「紅茶アドバイザー」を持っている人が経営する喫茶店か、持っていない人が経営する喫茶店なら、もちろん前者を選ぶかと思います。この例は極端だとしても、喫茶店を経営したいと考えるならば持っておくべき資格ではあります。特に、すでに喫茶店を経営されていて、知識もある方ならばすぐに取得できるのではないでしょうか。実際に、喫茶店を経営されている方で、スキルアップのために資格を取られた方もいらっしゃいます。また、コーヒーについての知識が全くない方が喫茶店を経営するために「カフェオーナースペシャリスト」の資格を取られたというケースもあります。喫茶店は人気勝負になります。お客さんの心をつかみ、リピーターを増やすためにも資格がある方が有利かと思います。

幅広い種類の資格を取り揃えている

日本安全食料料理協会の口コミ評判の中には、取得可能な資格の種類が多く、自分に合ったものを選ぶことができたという声が目立ちました。例えば、将来バリスタを目指している方は「コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)」の認定試験を受験されることが多いです。コーヒーに関する知識を有していることを証明する資格なので、バリスタにとっては必須の資格と言えるでしょう。また、先ほど述べたように、喫茶店を経営したいと考える方は「カフェオーナースペシャリスト(カフェマイスター)」の認定試験を受験されることが多いです。

最初から目的を持って資格を取得する方がおられる一方で、どの資格を取ろうか悩んでいる方もおられます。例えば、コーヒーに関する仕事に就きたいが、どの資格を取得すれば良いか分からない、という方もいらっしゃいました。日本安全食料料理協会のホームページで資格の説明を確認すると「喫茶店経営」「バリスタ」「スクール講師」など多様な仕事が見つかり、自分はどの仕事に就きたいか考えることができます。そして自分に合った仕事を見つけ、その資格の認定試験を受けるために勉強を開始する、といった方も多くおられます。このように、どの資格を取れば良いか分からない方でも自分に合った資格を発見し、取得することができます。

資格を活用した豊かな生活を送る

これまでは、仕事をするために資格を取得したという口コミをまとめてきましたが、日本安全食料料理協会では趣味で資格を取得される方も多くおられます。コーヒーが好きで、せっかくならコーヒーに関する資格を取ろうと思う方もいらっしゃるかと思います。日本安全食料料理協会では、仕事に活用するのではなく、日々の生活の中で活用する目的で資格を取得することもできます。「コーヒーソムリエ」の資格の勉強を始め、エスプレッソの淹れ方が上達し、今まで以上に美味しいコーヒーを楽しむことができるようになったという方もいらっしゃいます。また、「ハーブライフインストラクター」の資格の勉強を始め、ハーブの効能や利用方法を学ぶことによって健康的な食生活を送ることができるようになった、という方もおられました。

このように、資格を活用した豊かな生活を送れるようになったという口コミも多く見られました。また、「資格を取得する」という目的があるからこそ勉強が捗るという考え方もできます。勉強した先に「資格の取得」があることで、頑張ろうと思えるものです。