2月に入り、大安の日に雛人形を出したご家庭もあるのではないでしょうか?我が家も先日、1年ぶりに雛人形を出しました。大喜びの子供は3月3日のひなまつりを楽しみにしているようです。そんな大人も子供も大好きなひなまつりに、旬を取り入れた美味しく体にもよい幼児食はいかがでしょうか?レシピをまとめてみました。

ひなまつりの幼児食:主食

○ひなずし三種(5~6人分)

・薄焼き卵(卵:6個、塩:一つまみ、砂糖:大さじ1)

・すし飯(米:カップ3、昆布:7cm角1枚、酢:大さじ5、砂糖:大さじ2、塩:小さじ1強)

・干ししいたけ:4枚

・かんぴょう(乾):15g

・A(だし:カップ1+1/2、しいたけの戻し汁:カップ1/2、砂糖、みりん、しょうゆ:各大さじ2)

・れんこん:120g

・B(酢、出汁:各大さじ2、砂糖:大さじ1、塩:少々)

・焼きアナゴ(市販):2匹(100g)

①薄焼き卵を作る。ボウルに溶き卵、塩、砂糖を入れ、混ぜてこす。フライパンにサラダ油少々を弱火で熱し、卵駅を薄く流し入れて両面を焼く。残りも同様に焼く。

②すし飯の米は研いでざるに上げ、水けを切って30分間ほどおく。炊飯器の内釜に米、昆布、水カップ3を入れ、普通に炊く。

③干ししいたけは水につけて戻し、水けを切って石づきを落とす。かんぴょうは水で洗い、塩少々ふってもむ。冷水で塩を洗い流して水に30分間ほどひたし、水けを切る。

④鍋に、③、Aの材料を入れて中火で煮立て、煮汁がほぼなくなるまで煮る。粗熱が取れたら、干ししいたけは1cm角、かんぴょうは1cm幅に切る。

⑤れんこんは皮をむき、薄切りにして水にさらす。酢少々を入れた熱湯で2~3分間ゆで、ざるに揚げて水けを切る。

⑥ボウルにBの材料を入れて混ぜ、⑤を加えて浸す。味がしみこんだら1cm角に切る。

⑦焼きあなごは細かく刻んで耐熱皿に入れ、たれが添付してあるものはからめる(味つきはそのまま)。ラップをかけ、電子レンジに30~40秒間かける。

⑧②が炊き上がったら、昆布を取り出して酢水でぬらした飯台に移す。混ぜたすし酢を回しかけ、うちわで扇ぎながら、しゃもじでご飯を切るように手早く混ぜる。④、⑥、⑦を加えさっくりと混ぜる。

⑨①の薄焼き卵に⑧をのせ、好みの形に包む。

※包み方はふくさ包み、はまぐり形、茶きん包みなどがありますが、お子様と一緒に色々な包み方を楽しんでみてもよいですね。

ひなまつりの幼児食:お吸い物

○はまぐりと豆腐のスープ(4人分)

・はまぐり(砂抜きしたもの):400g

・豆腐(絹):1丁

・細ねぎ:4~5本

・酒:大さじ1

・塩:小さじ2/3~1)

・こしょう:少々

・ごま油:小さじ1

・しょうが汁:少々

①はまぐりは殻と殻をこすり合わせて水で洗い、ぬめりや汚れを落とす。豆腐は一口大に切る。細根義は4~5cm長さの斜め切りにする。

②なべにはまぐり、水カップ5を入れて強火にかける。煮立ってきたら豆腐を加える。

③貝の口が開いたら、中火にしてアクを取り、酒、塩、こうしょう、ごま油を加える。再び煮立ったら細ねぎ、しょうが汁を加えてサッと煮る。

※こしょう、しょうが汁は好みによって入れる量を足したり控えたりしてもよいです。お子様にとって辛くなりすぎないように注意しましょう。

 

いつもと違う食卓でひなまつりをワイワイにぎやかに過ごしてください。