最近では昔に比べアレルギーを持つ子供が増えてきてます。卵や小麦粉、牛乳などが主なアレルゲンで、アレルギーだと診断された子供を持つお母さんはそのアレルギー除去食を作るのに四苦八苦していると思います。そのため離乳食の進め方を遅くしたり、極端なケースでは1歳までは固形物を食べさせないなどとしてしまうお母さんもいるようです。しかしそれでは固形物を噛み砕く力がつくことができなかったり、素材を楽しむことができなかったりと、味覚の発達にも影響してくる可能性があります。「卵や牛乳なしのメニューは大変だ」と構えてしまうのではなく、調理方法を工夫したり、他のものに置き換えたりするなどぜひレパートリーを増やしてアレルギーを乗り切りましょう。

食物アレルギーとは?

食物アレルギーとは食べ物に含まれているタンパク質がアレルゲンとなり、さまざまな症状が起こる事です。食べ物を口にして間もなく、唇や舌、のどがかゆくなり、腫れる症状、食後2時間以内に、嘔吐や下痢などが起こる消化器症状、鼻炎や結膜炎、じんましん、頭痛、けいれんなどの症状が起こることもあります。重症の場合は、血圧が低下してショック状態になるアナフィラキシーという症状を引き起こすこともあり、最悪の場合は死に至ることもあります。原因となる食べ物は、子供によって違いますが、多いものから、卵、乳、小麦、大豆などがあります。主に離乳食で判明することが多いようですが、母親がアレルゲンとなるタンパク質摂取している場合は、母乳を通してお子様が摂取してしまうので、母乳のみの期間に肌がただれていたり、腫れている赤ちゃんは注意が必要な場合があります。

食物アレルギーで気をつける事は?

離乳食を食べている頃に食物アレルギーが分かった場合は、まず、原因となりそうな食べ物を食べたものから探し、血液検査と照らし合わせてアレルゲンを特定します。そして暫くは食事が制限されます。乳幼児の食物アレルギーは体の抵抗力の弱さ、免疫機能の未発達なども原因にあるらしく、食物アレルギーに過剰に反応してしまうことがあるようです。まずは子供の成長を待つことが治療になります。その間に食事で気をつける事は、アレルゲンの食べ物は食べさせないことと、それに変わるタンパク質をきちんと摂取することです。医師の指示をきちんと待ち決して自己判断しないことが大切です。

食物アレルギーをもつ幼児の幼児食は?

まず、糖質、ビタミン、タンパク質をアレルゲン以外の食品できちんと摂取し、幼児の体をきちんと成長させることが大切です。我が家には卵アレルギーでアナフィラキシーを起こした子供がいますが、卵が摂取できない期間は、牛乳、小麦、大豆などでタンパク質を摂取していました。納豆と牛乳が冷蔵庫に常備している毎日でした。また、なるべく天然の素材を使うように心がけました。食品添加物が食物アレルギーには良くないと医師から聞かされていたからです。

アレルギーの専門医の指示に従った食事生活をまずは心がけましょう。幼児の体が成長すると、次第にアレルゲンが体内に入ってきてもアレルギー反応を起こさないように抵抗力や免疫力がついてきます。除去をクリアすると次はアレルゲンに慣れる食生活が始まります。その場合も、必ず医師の指示に従った量、食生活をしましょう。加工品にアレルゲンが入っていないものをきちんと確認して購入することも大切です。

経験談として

我が家の子供は卵アレルギーでアナフィラキシーを起こし怖い思いをしました。しかし、小学生の現在は生卵も食べることが出来るようになりました。先に記載したとおり医師の指示に従い除去食を行い、アレルゲンに慣れる食生活へとスライドし、生卵が食べられるようになるまで7年かかりました。現在は慣らして食物アレルギーを克服すると言うのが一般的になってきたようですが、食物アレルギーにはまだ不明なことも多く、医師によりその判断も治療も違うようです。

買い物や調理をするときの工夫

まずはアレルギーの除去食にどのように対応していくかが問題となります。次のことがそれぞれポイントになります。

○アレルゲンを使用しない料理のレパートリーを増やす
○アレルゲンを他のものに置き変えて調理する
○食材を買うときはできるだけ加工品や食品加工物の入ったものを避ける
○アレルギー対応食を購入する

最初の二つはレシピを少し勉強しないといけませんが、そこまで大変なことではありません。全ての献立にアレルゲンを含む食品が含まれているわけではありませんし、例えば牛乳であれば豆乳に置き換えられるし、唐揚げを作るときは小麦粉を使用せずに片栗粉を使用すればいいのです。少しの工夫がアレルギー幼児食の調理の工夫につながります。また、食材を購入するときには材料欄をしっかりみましょう。アレルゲンとなる食品が含まれている場合はきちんと明記されていますし、今日アレルギー対応食はたくさんあります。子供がアレルギーだと嘆くのではなく、限られた食材や調理方法の中で工夫して楽しむようにしましょう。

アレルギー対応幼児食を作るときのポイント

○和食は一番のアレルギー対応食
実は和食は一番のアレルギー対応食なんです。和食は脂肪分が少ないですし、きほんである一汁三菜をしっかりとっていれば栄養は摂れます。「まごはやさしい」の食材をうまく摂り入れ、幼児期に必要な食事を作りましょう。ただし、和食でよく使われるしょうゆには小麦粉が含まれていますので、もし子供に小麦粉アレルギーがある場合は注意したほうがいいでしょう。

○食品添加物を避ける
アレルギーを持つ子供は食品添加物やたくさんの脂肪分等、分解する力が弱いです。そのため食品添加物を多く含む加工品や脂肪分たっぷりのジャンクフードはアレルギーっ子の幼児食に適していません。食材を購入するときにはできるだけこういったものを避け、多くの幼児食を手作りしたほうが安全です。ただし、毎回アレルギー対応幼児食を作るのは大変なので、たまにはアレルギー対応食を活用しましょう。

まとめ

アレルギーは短期間で治るものではありません。味覚の発達を促す大事な幼児期だからこそぜひアレルギー対応の幼児食を学びましょう。また除去食だけでは根本的なアレルギー改善にならないので、医者と相談しながら少しずつアレルゲンを含む食品を試してみましょう。少しずつ試すことで改善されていくことがあります。ぜひ焦らず、アレルギーっ子の幼児食を進めましょう。