クリスマスと言えば大人も子供も心がウキウキする行事の一つです。小さいお子様がいるご家庭でも、できれば一緒に楽しみたいものですね。健康に気をつけながら美味しく食べられるクリスマス幼児食とクリスマスケーキをまとめてみました。

クリスマスの幼児食:主食

○チキンライス(4人分)

・ごはん(温かいもの):茶碗4杯分

・鶏胸肉:小1枚

・玉ねぎ:1個

・にんじん:1/3本

・グリーンピース:大さじ4

・トマトピューレまたはトマトケチャップ:大さじ4

・バター、塩、こしょう、サラダ油:各適宜

①鶏肉と玉ねぎは1cm角に切る。にんじんは薄めのいちょう切りにする。グリーンピースはざるに入れ熱湯をかけて解凍する。

②フライパンにバター大さじ1を弱火で溶かし、玉ねぎを入れて炒める。にんじん、鶏肉を加えてさらに中火で炒める。鶏肉に火が通ったら、ごはん、グリーンピース、トマトピューレなければトマトケチャップと塩、こしょうを各少々加え、ご飯をほぐしながらよく炒める。

③器にもり、あればパセリなどをあしらう。

クリスマスの幼児食:主菜

○ミートローフ(4人分)

・合挽肉:400g

・玉ねぎ:1個

・サラダ油:大さじ2

・パン粉:3/4カップ

・酒:大さじ1/2

・塊ベーコン:100g

・卵:1個

・塩:少々

・こしょう:少々

・ナツメグ:少々

・ゆでうずら卵:8個

①玉ねぎはみじん切りにする。フライパンを熱してサラダ油を入れ、玉ねぎが少し茶色く色づくまで炒める。

②ボウルにパン粉と酒を入れて混ぜる。

③ベーコンは1cm角に切る。

④②のボウルに合挽肉、①、卵、塩、こしょう、ナツメグを加えて粘り気が出るまで、手でよく混ぜ、ベーコンも加えてよく混ぜる。

⑤アルミホイルを用意する。アルミホイルを横長に広げ、中央にサラダ油少々を塗る。④の挽肉だねの半量をのせて、中央にうずらの卵ならべ、さらに挽肉だね半量をのせる。アルミホイルで包み、パウンド形の方に整える。

⑥220~230℃に予熱したオーブンで40分焼く。

⑦1.5cm幅に切りわけて、器に盛る。

クリスマスの幼児食:副菜

○ラタトゥイユ(4人分)

・玉ねぎ:1個

・セロリ:1/2本

・にんじん:1/2本

・なす:2本

・トマト(出来れば完熟):2個

・ブロッコリー:1/2株

・オリーブオイル:大さじ2

・塩、砂糖:各小さじ1

①玉ねぎは薄切りに、セロリはすじをとって薄切りにする。にんじんは皮をむいて、縦半分に切り、薄切りにする。

②なすは輪切りにして水にさらしてアクを抜く。

③トマトは湯むきしてくし形切りにし、ブロッコリーは小房に分ける。

④厚手の鍋にオリーブオイルを熱して、①の玉ねぎ、セロリ、にんじんの順に炒める。

⑤④に②、③を加えてサッといため合わせ、塩、砂糖で味を整える。

⑥蓋をして弱火で約25分蒸し煮する。

クリスマスの幼児食:デザート

○ブッシュドノエル(1本)

・卵:4個

・砂糖:60g

・小麦粉:70g

・ベーキングパウダー:小さじ1/2

・サラダ油:大さじ2

・りんご:中3個

・砂糖:50g

・生クリーム:1カップ

・ココア:大さじ2

・湯:大さじ1

・粉砂糖:適量

①卵をボウルに割り入れしっかり泡立てて、砂糖を加えて、さっくり混ぜる。

②小麦粉とベーキングパウダーを合わせてふるい、①に加えて軽く混ぜ、サラダ油を加えてさっと混ぜる。

③オーブンシートを敷いた天板の中央に生地を流し入れる。カードなどの平らな辺を使い、中央から隅に向かって生地を広げる。気泡がつぶれないように手早く行う。

④天板を180度に熱したオーブンに入れ10~12分焼く。表面がきつね色になり、押してみて弾力があればよい。天板からオーブンシートごと取出し、大き目のタオルに取り出す(大きな網でも良い)。

 

⑤乾燥を防ぐために、表面にオーブンシートをかぶせ、上下をひっくり返す。オーブンシートをつけたまま少し冷まし、オーブンシートを端から少しずつはがす。

⑥りんごの皮をむき、いちょう切りにして鍋に入れ、砂糖を加えて蓋をし透き通るまで弱火で煮て冷ます。

⑦ふきんの上にスポンジを横長に置き、⑥をのせ、手前からふきんをつかって丁寧に巻いていく。

⑧⑦の端を2~3cm切り落とし、切り株にみたててケーキの上に乗せる。

⑨泡立てた生クリームに湯でといたココアを混ぜ、スポンジに塗る。フォークで木肌模様をつけ粉砂糖を振る。

 

クリスマスは特別な1日です。少し手間がかかりますが栄養バランスもバッチリなディナーメニューです。