赤ちゃんも生後6ヶ月くらいから、さまざまな病気をするようになってきます。お母さんからもらった免疫の効き目がきれてきたせいです。

熱があってぐったりしているのに、離乳食を進めなければいけないのか、お母さんは悩むところでしょう。離乳食の時期によって、病気のときの対処法はどうするか、考えていきます。

離乳初期

6ヶ月頃になると、風邪、突発性発疹、細菌性胃腸炎などの病気にかかり始めます。熱が出たり、下痢をしたりするので、病院で薬を処方してもらいましょう。

離乳食は無理して食べさせることはありません。熱もそれほどでなく、機嫌がいいようなら与えてもいいですが、おかゆぐらいにしておきましょう。

熱でも下痢でも、水分をとらせる必要があります。母乳やミルクの飲みが悪かったら、ますます飲ませる必要が出てくるでしょう。

日常的に飲ませることはおすすめしませんが、病気のときには赤ちゃん用のイオン水は必要です。白湯や麦茶よりも、失われるミネラル分の補給ができるからです。

離乳中期

熱がある。下痢をしている。そういったときは、離乳食を初期の状態に戻します。柔らかいおかゆと、ポタージュ状のどろどろスープです。消化機能が低下しているので、たんぱく質は控えたほうがいいでしょう。与えるにしても、豆腐程度がいいです。

鼻が詰まっていたりすると、匂いも感じないし、何より食欲がわかないものです。温かい葛湯、くたくたに煮た野菜スープなどを与えてみてください。

病気のときは、水分の多いものを与えます。喜ぶようなら、果汁も薄めて飲ませましょう。赤ちゃんの病気で、一番注意したいことは脱水です。母乳やミルクも、飲むだけ与え、白湯や麦茶、イオン水なども与えます。

離乳後期

ただでさえむら食いをする時期です。病気で機嫌が悪かったら、まったく食べないということもあるでしょう。だからといって、好きなものだけ与えてはいけません。消化にいいものを与える、それを第1に考えましょう。

赤ちゃんは大人に比べて、消化能力が未熟です。大人でさえ病気のときは、おかゆやチキンスープにしているのに、成長期だからと無理にでも食べさせようとするのは危険です。

病気のときは3回食が無理でも、少しずつ食べられそうなものを与えましょう。ごはんもおかゆに戻します。ニンジンのすり下ろしとシラスを入れた、離乳初期のおかゆなどいいでしょう。初期と違い、出汁を使って調理してください。

うどんなどはくたくたに煮て、柔らかくして与えます。繊維質の多い野菜は避けて、ホウレンソウなどの菜類も細かくして与えましょう。果物もつぶしたり、すり下ろした状態で与えたほうがいいです。

下痢しているときは、状態がよくなるまで、たんぱく質は控えます。よくなってからも豆腐、白身魚、少量の卵の黄身と、離乳食で食べさせていく順番と同じにして、少しずつあげていってください。

下痢は長引くことが多い

熱が出ても、特別な病気でなければ数日で下がります。けれど1度胃腸炎にかかると、赤ちゃんはなかなか回復しません。下痢が続くことも多いようです。

おしりはかぶれるし、おむつはまめに替えないといけないしで大変だと思いますが、離乳食はいつもよりよく加熱したものを与えてください。

食べたがらないようなら、無理に食べさせることはありません。食べないのは赤ちゃんの消化機能が、正常に働かないからなのです。

病気になったら、離乳食は前の段階に戻しましょう。特に下痢をしているときは、注意が必要です。少しよくなったからと、好きなものだけ与えるのはいけません。また胃腸炎がぶりかえすことにもなりかねませんから、慎重に離乳食を進めましょう。