あげてはいけない水

赤ちゃんにあげてはいけない水とは、どんな水でしょうか。市販されているミネラルウォーターには、大きく分けて2種類あります。『硬水』と『軟水』です。

『硬水』は、カルシウムやマグネシウムの金属イオン含有量が多い水です。日本の天然水としては、ほとんどありません。

『軟水』は、金属イオンを含まない水で、日本の水道水の大半はこの『軟水』です。

『硬水』のダイエット効果については、いろいろなところで報告があります。外国メーカーの『硬水』を、モデルたちも飲んでいると話題になりました。ダイエット効果があるのかどうかはともかく、この『硬水』を飲むことによって、下痢をする人がいるのは事実です。原因は『硬水』に含まれるミネラルで、『軟水』に慣れた日本人には、特に効果があったようです。

そんな『硬水』を、そのまま赤ちゃんに与えたらどうなるでしょう。まだ消化器官の未発達な赤ちゃんにとって、大量のミネラルは下痢を引き起こす原因にしかなりません。

市販されているペットボトルの水を、どうしても飲ませないといけないとなったら、ラベルをよく見て『硬水』と書かれたものは避けましょう。

ミネラルウォーターを選んで与える必要はない

ミネラルが入っていると表記された水を、わざわざ与える必要はありません。母乳やミルクで、赤ちゃんにとって必要なミネラルはとれているからです。

もし大人と同じミネラルウォーターを飲むのなら、面倒でも湯冷ましにしてあげましょう。水道水でも同じです。煮沸することによって、カルキや余計な雑菌が減り、より『純水』に近くなるのです。

水質の悪い地域にお住まいでしたら、ウォーターサーバーの利用もよいと思います。『軟水』の天然水、赤ちゃんにもおすすめなどと明記された、安心できるものを選びましょう。

『純水』について

ミネラルウォーターと違い、まったくミネラルなど含まないのが『純水』です。水を沸騰させるとできる水蒸気、それを冷やすとまた水になりますが、この水が不純物やミネラルなど含まない『純水』になります。

純水のペットボトルは市販されています。 水道水もミネラルウォーターでも不安な人は、ミルクを作るときや離乳初期に、『純水』を利用するのはいいと思います。工業用の純水も売られているので、購入時に間違えないように気を付けましょう。

純水といえども、外気に触れ、食器に移して与えるのですから、完全に無菌ということにはなりません。けれどそれでいいのです。完全に無菌状態で、赤ちゃんを育てるわけではありません。大きくなるにつれて、様々な雑菌に触れるのですから、水だけ神経質になっても意味がありません。

この『純水』に関しては、体内のミネラルまで奪ってしまうから毒だと説く人もいます。ですが『純水』だけを大量に飲むということは、赤ちゃんの場合考えられないことですし、料理や麦茶を作るのに使う、湯冷ましにして飲むていどなら、なんの問題もありません。

水道水を利用するなら

水道水は地域によって大きくことなります。取水地の水が綺麗ならいいのですが、汚れた水では浄化のときに大量のカルキが使用されています。

カルキや雑菌が気になるようでしたら、浄水器の利用をおすすめします。離乳期を終え、普通に水道水を飲むようになっても、浄水器があればそのまま水道水を飲むよりは安心です。