ここ数年、「食育」という言葉をよく聞くようになりました。食育は幼児期から取り組み始めることが重要だと言われていますが、具体的にどのようなことをすればいいのかわからない、という人も多いでしょう。そこで今回は、食育とはどのようなものなのか、どのようなことをすればいいのか、具体的に見ていきましょう。

食育とは食の大切さを学ぶこと

現代人は食べ物に不自由しない生活が当たり前になっていて、いつでも食べたいものを食べることができる時代です。そのため規則正しい時間に食事を摂らなかったり、栄養面での偏りが気になったりと、食生活の乱れが指摘されてきました。2005年には食育基本法が施行され、家庭はもちろん保育園や幼稚園、学校などでも食育を進めようという動きが見られるようになりました。食育は習慣やマナーを身につけ、食品の流通や食の文化などを学ぶこととされていますが、幼児期に行う食育は食べることの大切さを学ぶことに重きを置いています。「食べるっておいしい、楽しい」という気持ちを育て、食への関心を高めるためには、幼児期からの食育が重要なのです。

食育の第一歩は楽しく食べられるかどうか

親としては食べ物を粗末にしてほしくない、たくさん食べて大きくなってほしいという思いから、「もっと食べなさい」「好き嫌いしないで全部食べなさい」とついあれこれ言いたくなってしまいます。子どもにとっては「もうお腹いっぱいなのに」「あまり好きではないのに」という気持ちが大きくなり、食べることが嫌になってしまうかもしれません。食育の第一歩は、子どもがいかに楽しく食べられるかどうかが大切です。無理やり食べさせるのではなく、「一つだけがんばろう!」など工夫した声掛けをしながら食事をしましょう。

楽しく食べるためには料理に参加させよう

食事をいかに楽しいものにするかは、料理に参加させるということもひとつの方法です。幼児だと包丁や火を使うことは難しいですが、カレーは子どもでも手伝いしやすく、おいしく食べることができるメニューです。子どもにはニンジンの型抜きをしてもらいましょう。花や星、ハートなど子どもが好きな型を使うことがポイントです。ニンジンが苦手な子でも、自分で型抜きをしたものならがんばって食べることができるかもしれません。カレーだけでなく、おにぎりに目や口をつけるなど、見た目から楽しめるものを用意することも、「ご飯の時間って楽しい!」と思ってもらえるきっかけとなります。

楽しいイベントは食育につながる

幼児期に「食べるって楽しい!」という体験をさせてあげることが、小学生や中学生の食育にもつながります。家庭でも子どもが喜ぶ楽しい食のイベントを計画してみてはいかがでしょう。イベントといっても子どもが喜ぶようなちょっとした工夫でいいのです。天気のいい日におにぎりやサンドイッチを持ってピクニックに出かけることも立派な食育です。たくさん体を動かした後に、大好きな家族と食べるおにぎりはとてもおいしいものです。「おいしいね」「たくさん食べようね」と言葉を交わしながら、楽しいひと時を過ごしましょう。一緒に食事をしたい人がいる、大好きな人と一緒に食事をするということが楽しい食事の時間につながります。