離乳食を作り始めの時期は、食材や食べる量、味付けなど様々なことに注意しながら作っていたママも、子供が1歳半を過ぎて離乳食から幼児食に移行してくる時期になると、かなり手馴れて作れるようになってきていることと思います。しかし、もう一度幼児食について考えてみませんか?献立や簡単美味しいレシピや注意することなどまとめてみました。

幼児食とは?

幼児食とは離乳食が完了する1歳半を過ぎたくらいからの食事のことを言います。では、離乳食と違うところは何なのでしょうか?離乳食というのは文字通り「乳から離れることを目的とした食事」です。それまで、母乳やミルクで栄養を補いながら食事だけで栄養を取れるように練習する時期のものです。幼児食とは離乳食が完了し、食事から栄養やエネルギーの大部分を摂取できるようになった1歳半~6歳くらいまでの子供が食べる食事の事です。

大人との食事の違いはある?

幼児食は離乳食と違い食べ物の固さや味付けの定義はされていないようです。では、大人と同じ食事を食べさせてもよいということなのでしょうか?定義がされていない訳ですから、実際食べられる食事もあると思います。しかし、味覚も未発達で咀嚼力や栄養を消化吸収する力も未熟ですので注意は必要です。

幼児食で注意することは?

大人の食事から取り分けもやりやすくなりますが、薄味を心がけましょう。大人の食事と幼児食を作り分けるのが面倒な場合は、大人も生活習慣病を防ぐ為、薄味の食事を試してみてはいかがでしょう?私の経験ですが、出汁をしっかりとると薄味でも美味しい食事は可能です。また、不足しがちなカルシウム、鉄分は積極的に献立に入れましょう。

食事のマナーを重視する時期

自分できちんと食べる、立たずにきちんと座って食べる、30分くらいで一回の食事を食べきる等の食事のマナーは幼児食の時期にすこしずつ身につけたいことです。その為に、食べやすい大きさに切り分け、スプーンやフォークがまだ上手に使えない場合は手づかみでも食べられるような工夫をしてみてはいかがでしょうか?

こんな献立はいかが?

とはいえ、きちんとした食事を毎回作ることはとても大変です。これは我が家のある日の献立です。残り物を使いまわしながら、栄養が偏らないようにしてみました。

◎夕食:ごはん(主食)大根と豆腐のみそ汁(汁物)大根と人参と鶏肉の煮物(主菜)小松菜の胡麻和え(副菜)りんご(果物)

◎朝食:パン(主食)人参と玉ねぎのコンソメスープ(汁物)スクランブルエッグ(主菜)ミニトマト(副菜)バナナヨーグルト(乳製品)

◎昼食:煮込みうどん(前日の夕食の主菜を使用)りんご(果物)

簡単レシピ

忙しい朝食の準備の時にいかがでしょうか?

◎いろいろほうれん草:和える物をいろいろ変えるだけでバリエーションが広がります。またほうれん草は不足しがちな鉄分を補えます。白菜や小松菜、青梗菜を使っても出来ます。

<材料>

ほうれん草 200g(ゆでて1.5cmくらいの大きさに切ります)

・ツナ和え:ツナ缶 40g  醤油 2.5g

・おひたし:削りかつお 2.5g  醤油 3g

・納豆和え:納豆 50g  醤油 5g

・コーン和え:ホールコーン 50g 醤油 5g

・海苔和え:海苔 1g  醤油 5g

 

◎キャベツの卵焼き:たんぱく質と野菜を一緒に取れます。

<材料>

キャベツ 80g  卵 2個  削りかつお 2.5g  サラダ油 大さじ1/2

<作り方>

1.キャベツはせん切りにします

2.ボウルに卵をわりほぐし、キャベツと削りかつおを加えて混ぜます。

3.フライパンに油をひき、お好み焼きのように丸くして蓋をして蒸し焼きにし、両面を焼きます。

4.食べる時に、少量の醤油やソースをかけます。

※ツナやチーズ、シラスを混ぜても美味しくできます。

栄養バランスを考え楽しい食事を

食事を一人で食べる行為を練習し、マナーを身につけ、食事の大切さを大人から教わる時期の幼児食ですが、食事を取ることが楽しい事になるよう一緒に食卓を囲み工夫してみてはいかがでしょうか?

幼児食の朝食の献立と目安の量

子供の食事量には個人差がありますが、3~5歳の子供はどのぐらいの食事を1日取ることが望ましいのでしょう。1日の食事の献立とめやすの量をまとめてみました。

・ごはん 100g

・しらす入り納豆(タレまたは醤油) 納豆 20g  しらす5g

・みそ汁 玉ねぎ 25g  にんじん 5g  キャベツ 25g  しいたけ 5g  小松菜 5g  だし汁 100cc 味噌 8g  ※野菜の合計が65g

・牛乳 100cc

和食の朝食の献立で目安の量をまとめました。忙しい朝には野菜いっぱいの具だくさんみそ汁がおススメです。

幼児食の昼食の献立と目安の量

・スパゲティトマトソース 乾麺 50g  トマトソース 市販品 1/2袋

・サラダ ブロッコリー 30g  ハム 10g(1枚)  ゆで卵 25g(1/2個分)  ぽん酢 少々

・ヨーグルト 1個

昼食は市販のトマトソースを使った献立ですが、サラダやヨーグルトでバランスの良い食事にしました。

幼児食のおやつと目安の量

・きなこトースト 食パン 6枚切り1/2枚  きなこ 大さじ1弱  砂糖・バター 少々

・牛乳 100cc

・果物 バナナ 半分

子供のおやつは嗜好品という目的以上に主食を補うと言う目的があります。パンやおにぎり、いも類など主食の補いを心がけましょう。

幼児食の夕食と目安の量

・ごはん 100g

・焼き魚 甘塩鮭 30g(1/2切れ)

・肉の野菜炒め 豚肉もも肉 20g  キャベツ 20g  もやし 20g  にんじん 10g  玉ねぎ  20g  絹さや 5g  油 少々  塩コショウ 少々  ※野菜の合計が75g

・さつまいもの甘煮 さつまいも 30g  砂糖 2g

・小松菜のおひたし 小松菜 20g  しょうゆ・だし 少々

ゆっくりとした食事の時間を作ることが可能な夕食の時間だからこそ、バランスの良い献立を心がけたいものです。もし、朝食や昼食で十分に野菜がとることが出来ない場合は、夕飯は特にしっかりと野菜をとりましょう。

3~5歳の幼児食とは?

3歳を過ぎると、ほとんどの子供は歯が20本生えそろいます。その為、食の形態も大人と同じものが多く食べられるようになります。しかし、まだ噛む力は大人の1/5程度です。食が細い子供や食べムラがある子供は食べ安くする工夫が必要になります。生野菜は火をとしたり、肉は小さめに切ったりしてみてはいかがでしょうか?ちなみに我が家の子供はおひたしなどの葉物を飲み込むことが苦手なようでしたので、小さめに切り出していました。また、すい臓も成長し脂肪とたんぱく質の消化酵素が大人並みになるので、大人と同じものを食べても消化できるようになります。同じ食べ物が食べられると言うことは、一緒に食卓を囲み食育するきっかけにもなります。食事の事について話しながら楽しい食事の時間を過ごしましょう。今回まとめた1日の献立の例ですが、1日で1318カロリーのエネルギーを摂取することが出来ます。食事摂取基準が3~5歳で1250~1300キロカロリーですのでほぼ標準です。朝食と夕食で和食を使いましたが、将来、生活習慣病にならないためにも、幼児食で和食の美味しさを伝えてみてはいかがでしょうか?

幼児食のおすすめメーカー5選

幼児食とは、離乳食完了期が終わり1歳~6歳までの幼児の食事のことをいいます。離乳食期間は離乳食+母乳,ミルクというスタイルでしたが、幼児食になると食事のみで栄養を摂取するようになります。体格や食べる量には個人差があるので、それぞれの子に合った量の幼児食を用意してあげることが大切です。

実際に店頭で販売されている幼児食を紹介します。離乳食と幼児食の境目が明確になっていない商品に関しては、対象年齢が1歳以上のものを紹介しています。

<アイクレオ株式会社(グリコグループ)>
1歳からの幼児食

咀嚼練習に適した具の大きさ,形,固さになっています。味覚形成について配慮した、うす味になっています。10種の野菜類とカルシウム,鉄入りになっています。着色料,保存料,香料,化学調味料が不使用です。温めずにそのまま食べられるという便利な商品です。パッケージの裏面には、アレンジレシピが紹介されています。味の幅が広がるように、和食,洋食,中華のメニューを取り揃えています。アレルギー表示は、特定原材料7品目とその他20品目が記載されています。商品数に加えアレンジレシピも豊富です。

ごはんにかけるメニュー(85g×2袋),おかずのメニュー(85g×2袋),ごはん・めん・パスタ入りメニュー(110g×2袋) 以上のラインナップになっています。

一押しポイントは、食べ方によってのバリエーションが豊富で、全体的にバランスがとれていることです。

<キューピー株式会社>
幼児食1歳頃から(野菜&くだものスプレッド)

パンに塗るだけで、手軽に野菜とくだものを一緒に摂取できます。素材を生かした、優しい味になっています。衛生面に配慮した、使い切りタイプです。パンにぬりやすく、たれにくいので、テーブルや床にこぼしにくくなっています。砂糖,着色料,保存料,香料は不使用です。

一押しポイントは、3歳未満のお子様をもち、特に朝は忙しい共働きのご家庭にオススメの商品であるということです。

<森永乳業>
大満足ごはん

具材もごはんもボリュームたっぷりで、鉄とカルシウムを1食分摂取することができます。

一押しポイントは、内容量が120gと、他社に比べて大容量になっていることです。

<和光堂株式会社>
栄養マルシェ

主食とおかずがセットで入っているので、栄養バランスが良いです。お皿いらずのカップタイプで、スプーンが1つ付いています。パッケージが確認しやすいです。(7大アレルゲンの有無,メニュー内容,食事メニューシートなど)

一押しポイントは、外出先で食べることを想定した、用意周到な商品ということです。

グーグーキッチン

肉や野菜のボソボソ感を解消した、食べやすい食感になっています。食材の大きさや硬さにこだわっています。野菜摂取量を増やしたい時や、全体量を増やしたい時に、対応商品があります。7大アレルゲン不使用商品も、用意してあります。

一押しポイントは、様々な要望に対応できる商品であるということです。

<ピジョン株式会社>
それぞれの商品に栄養価のレーダーチャートが記載されているので、栄養バランスが分かりやすくなっています。下ごしらえに手間がかかる食材を使ったメニューが、豊富に揃っています。月齢とメニュー名の表記が大きく、店頭でも見やすくなっています。

一押しポイントは、とてもシンプルで分かりやすい商品であるということです。