毎日作る幼児食ですが、成長著しい幼児期にはバランスのよい幼児食を作りたいものです。とはいえ、どのようなことに気をつけて献立を立てると良いのでしょう。基本的な献立の考え方をまとめてみました。

幼児食の献立の基本

離乳食を食べていた頃とは違い、幼児食を食べることはその栄養のほとんどを食事から摂取するようになります。その為、離乳食の頃よりも、栄養のバランスに気をつけたいところです。とはいえ、あまり難しく考えることはありません。献立の基本は「糖質+タンパク質+ビタミン」のトライアングルです。このトライアングルを食卓に並べるだけで良いのです。では、それぞれのどのような食品に含まれているのか、その働きといっしょにまとめてみました。

糖質の働きとは?

糖質は、米、パン、うどん、そうめん、オートミール、スパゲティ、マカロニなどに多く含まれています。主に体を動かすエネルギーになり、食事の中で「主食」に位置される栄養素です。

タンパク質の働きとは?

タンパク質は、魚、肉、豆腐、卵、乳製品などに多く含まれています。主に筋肉や骨などをつくる働きがあり、メインになる「主菜」になる食材が多くあります。

ビタミンの働きとは?

ビタミンは主に野菜や果物に多く含まれます。体の調子を整える働きがあります。気をつけたいのは、じゃがいもやさつまいもなどのいも類です。いも類にはビタミンも含まれていますが、糖質(でんぷん)も多く含まれているので、それ以外の野菜も多くとるようにし、必要であれば、少し「主食」を少なめにしても良いでしょう。

1日の幼児食をトータルに考える

基本的には1回の食事に「糖質+タンパク質+ビタミン」があり、一汁三菜の日本食が日本人には一番良いと言われています。とはいえ、なかなか1日3食そろえるのは難しく大変です。そこで、離乳食を1日トータルでとらえてみてはいかがでしょうか?例えばこのような献立はいかがでしょう。

○朝食の献立

・納豆ごはん(糖質+タンパク質)

・大根のみそ汁(ビタミン+タンパク質)

・ほうれん草のツナ和え(ビタミン+タンパク質)

・卵焼き(タンパク質)

・いちごヨーグルト(ビタミン+タンパク質)

 

○昼食の献立

・スパゲティミートソース(糖質+タンパク質+ビタミン)

・ブロッコリーのサラダ(ビタミン)

・牛乳(タンパク質)

 

○おやつ

・焼き芋(糖質+ビタミン)

・牛乳(タンパク質)

 

○夕食

・ごはん(糖質)

・豆腐と青梗菜のスープ(タンパク質+ビタミン)

・肉じゃが(タンパク質+ビタミン)

・ほうれん草のおひたし(ビタミン)

・ブロッコリーとハムの炒め物(ビタミン+タンパク質)

夕食のほうれん草のおひたしは朝食の残りを、夕食のブロッコローとハムの炒め物は昼食のブロッコリーのサラダの残りを使いまわした1日の献立です。毎回全てを作るのではなく、使いまわしてバリエーションを増やすと目先が変わります。また、朝食や昼食に不足しがちだったビタミンを夕食で少し多めに取り、1日トータルで栄養バランスがよくなるようにすると、楽に栄養バランスを整えることができます。もし、1日トータルでも少し野菜が不足していると感じた場合は翌日に野菜を多く取るようなメニューにするなどしてみても良いですね。

キウイやメロンの栄養価と幼児に食べさせる時期

甘くて美味しいキウイの原産地は中国と言われていますが、現在ではニュージーランドやアメリカでも栽培されています。日本でも九州から東北で栽培をされていて、一年間手に入れることができる果物のひとつです。キウイ1個に含まれるビタミンCはみかんの2~3倍で、食物繊維はバナナの2本分もあります。その他にはカリウムやビタミンE、アクチニジンというたんぱく質分解酵素も含まれていて、栄養価がとても高い果物なのです。しかし、赤ちゃんにとっては注意が必要な果物で、食物アレルギーの中でもキウイアレルギーは強く出てしまうので、食べ方に気を付けてあげましょう。キウイの栄養面や離乳食の時期によっての食べさせ方、調理方法、おすすめレシピなどをご紹介します。

キウイのカロリーと栄養成分

キウイ100g当たりのカロリーは53kcal(参考:五訂日本食品標準成分表)です。昨今多品種のキウイが栽培されていて、果肉が黄色く甘みの強いゴールデンキウイや小さくて可愛らしいベビーキウイなどが販売されていますが、栄養成分の差は若干で栄養価の高い果物です。キウイの主な栄養成分は下記のものです。

  • ビタミンC

温州みかん2~3倍含まれていて風邪の予防効果があります。

  • 食物繊維

お腹の調子を整える働きをし、便秘予防の効果があります。

  • カリウム

塩分を排泄する働きをし、高血圧予防に効果があります。

筋肉の疲労回復効果があり、不足すると筋肉が弱ってしまいます。

  • ビタミンE

体内の抗酸化作用があり活性酸素を減らします。

  • たんぱく質分解酵素(アクチニジン)

たんぱく質を分解する働きがあり、肉や魚の消化を促してくれます。

幼児食でキウイを食べさせて良い年齢と注意点

キウイは食物アレルギーが強く出る果物です。離乳食後期(9~11か月あ頃)から食べることをおすすめします。早くから食べさせる必要ななく、色々な食材を食べられるようになってからゆっくり始めましょう。初めて食べさせる時は病院で診察をしてもらえる時間帯にした方が安心です。食べさせた後は、赤ちゃんに変化はないか注意してみておく必要があります。口の中のアレルギー反応で唇や舌、喉がかゆくなったり、腹痛や下痢を起こしたりすることがあります。キウイに含まれるたんぱく質分解酵素のアクチニジンがアレルゲンのひとつとされていて、緑色のキウイには黄色のゴールデンキウイの方が多く含まれているため、赤ちゃんにはゴールデンキウイから食べさせてあげるのも良いでしょう。加熱をするとアレルゲンが無くなると勘違いしてはいけません。加熱することによって症状の出方が変わるかもしれませんが、完全にアレルゲンがなくなることはありませんので要注意です。栄養価が高い果物ですが、急がず離乳食後期以降から少しずつ食べさせてあげると良いです。

幼児食で人気のキウイの食べ方

キウイは慣れるまでは酸っぱく感じる赤ちゃんも多いでしょう。りんごやバナナといっしょに保存すると甘くなり酸味が減ると言われています。酸味や甘さには好みがありますので赤ちゃんに合わせてあげて下さい。食物アレルギーが気になる赤ちゃんに初めて食べさせる時は、すり潰して絞った果汁にお白湯をまぜて一口飲ませてあげましょう。何も反応が無ければ、他の果物と同じように食べられます。いろいろな果物とヨーグルトを合わせてフルーツヨーグルトにしたり、ヨーグルトの代わりにカッテージチーズを合わせてフルーツサラダにしたりするとカラフルで喜びます。牛乳が飲めるようになったらミックスジュースを作ってあげると栄養価の高いおやつになります。バナナやりんご、いちごなどお好みで作ってあげて下さい。ハンドミキサーを使うと赤ちゃんのおやつは簡単に作れます。

幼児にメロンを食べさせる

贈答品として高級なメロンをいただく時もありますが、最近では多品種のメロンが栽培されるようになり、大きさや価格も様々で普段から手に入りやすくなってきました。やわからくてジューシーなメロンは食べやすく消化もしやすいため、子供からお年寄りまで人気のある果物ですが、初めて口に入れる赤ちゃんには注意しなければならないことがあります。メロンの栄養面や離乳食の時期によっての食べさせ方、調理方法、おすすめレシピなどをご紹介します。

メロンの栄養成分とカロリー

メロン100g当たりのカロリーは45kcalで(参考:五訂日本食品標準成分表)低カロリーの果物です。主な成分は糖分ですが、ビタミンCやカロテン、カリウムなどのミネラル成分も多く含まれていて、筋肉の疲労回復を促す効果があり、体の粘膜や皮膚、肺や喉にも良いとされています。昨今多品種のメロンが栽培されていますので、品種の違いや、ハウス栽培と露地栽培との違いでも、栄養成分に若干の差はありますが、栄養価の高い果物です。

幼児食でメロンを食べさせて良い年齢と注意点

メロンは、離乳食の初期(生後5~6カ月頃)から食べさせることができます。やわらかいので食べやすく、消化もしやすいため離乳食には向いている食材ですが、メロンは食物アレルギーを起こす可能性がある果物ですので、初めて食べさせる時は病院で診察してもらえる時間帯にしましょう。食べさせた後は、口の中がかゆくなっていないか口のまわりに湿疹が出ていないかなど、30分くらいは変化を注意してみておく必要があります。味を嫌がるのか、違和感があって嫌がるのがわかりづらいので、最初は果汁をお白湯で薄めて酸っぱさを抑えて飲ませてあげると良いでしょう。必ず加熱をしなければならないということはありませんが、加熱をすることによってアレルギー対策になることもあります。また、甘みが増したり、殺菌作用による食中毒の予防になったり、体の冷えを防いだりすることなど加熱のメリットもあります。大人と比べると、赤ちゃんは抵抗力が少ないため加熱することはメリットが多いでしょう。

幼児食で人気のメロンの食べさせ方

離乳食初期

フォークやスプーンで潰し、やわらかくして食べさせてあげましょう。果肉が硬い時はすり鉢ですり潰すを良いです。電子レンジで加熱した場合は火傷に気をつけ、冷ましてから食べさせてあげましょう。まだ上手に飲み込めない赤ちゃんには、すり潰した後ガーゼで絞って果汁を飲ませてあげましょう。ひと手間加えて粉ミルクとお湯を入れるとメロンミルクになります。甘くて優しい味になり喜びます。

離乳食中期

やわらかいメロンでしたら5mmくらいのサイコロ切りにし、ヨーグルトに混ぜてあげると良いす。果肉が硬い時はすり鉢で軽く潰し、食べやすいようにしましょう。その他、食べられるようになった果物も入れてあげると喜びます。ヨーグルトは赤ちゃん用のもので砂糖が入ってないものを選びましょう。蒸したかぼちゃを加え、「かぼちゃとメロンのヨーグルトサラダ」も食べやすいメニューです。

離乳食後期

この時期は自分が手掴みで食べたいと思い始めます。ホットケーキミックスで蒸しパンやホットケーキを作る時、メロンの果汁や小さく切った果肉を入れてあげると、普段と違ったおやつになり喜びます。

完了期

牛乳が飲めるようになったらミックスジュースを作ってあげると、栄養価の高いおやつになります。バナナやリンゴなどと一緒にミキサーで作ると良いです。少量であればハンドミキサーを使うと簡単に作れ片づけも楽です。