毎日作る幼児食ですが、成長著しい幼児期にはバランスのよい幼児食を作りたいものです。とはいえ、どのようなことに気をつけて献立を立てると良いのでしょう。基本的な献立の考え方をまとめてみました。

幼児食の献立の基本

離乳食を食べていた頃とは違い、幼児食を食べることはその栄養のほとんどを食事から摂取するようになります。その為、離乳食の頃よりも、栄養のバランスに気をつけたいところです。とはいえ、あまり難しく考えることはありません。献立の基本は「糖質+タンパク質+ビタミン」のトライアングルです。このトライアングルを食卓に並べるだけで良いのです。では、それぞれのどのような食品に含まれているのか、その働きといっしょにまとめてみました。

糖質の働きとは?

糖質は、米、パン、うどん、そうめん、オートミール、スパゲティ、マカロニなどに多く含まれています。主に体を動かすエネルギーになり、食事の中で「主食」に位置される栄養素です。

タンパク質の働きとは?

タンパク質は、魚、肉、豆腐、卵、乳製品などに多く含まれています。主に筋肉や骨などをつくる働きがあり、メインになる「主菜」になる食材が多くあります。

ビタミンの働きとは?

ビタミンは主に野菜や果物に多く含まれます。体の調子を整える働きがあります。気をつけたいのは、じゃがいもやさつまいもなどのいも類です。いも類にはビタミンも含まれていますが、糖質(でんぷん)も多く含まれているので、それ以外の野菜も多くとるようにし、必要であれば、少し「主食」を少なめにしても良いでしょう。

1日の幼児食をトータルに考える

基本的には1回の食事に「糖質+タンパク質+ビタミン」があり、一汁三菜の日本食が日本人には一番良いと言われています。とはいえ、なかなか1日3食そろえるのは難しく大変です。そこで、離乳食を1日トータルでとらえてみてはいかがでしょうか?例えばこのような献立はいかがでしょう。

○朝食の献立

・納豆ごはん(糖質+タンパク質)

・大根のみそ汁(ビタミン+タンパク質)

・ほうれん草のツナ和え(ビタミン+タンパク質)

・卵焼き(タンパク質)

・いちごヨーグルト(ビタミン+タンパク質)

 

○昼食の献立

・スパゲティミートソース(糖質+タンパク質+ビタミン)

・ブロッコリーのサラダ(ビタミン)

・牛乳(タンパク質)

 

○おやつ

・焼き芋(糖質+ビタミン)

・牛乳(タンパク質)

 

○夕食

・ごはん(糖質)

・豆腐と青梗菜のスープ(タンパク質+ビタミン)

・肉じゃが(タンパク質+ビタミン)

・ほうれん草のおひたし(ビタミン)

・ブロッコリーとハムの炒め物(ビタミン+タンパク質)

夕食のほうれん草のおひたしは朝食の残りを、夕食のブロッコローとハムの炒め物は昼食のブロッコリーのサラダの残りを使いまわした1日の献立です。毎回全てを作るのではなく、使いまわしてバリエーションを増やすと目先が変わります。また、朝食や昼食に不足しがちだったビタミンを夕食で少し多めに取り、1日トータルで栄養バランスがよくなるようにすると、楽に栄養バランスを整えることができます。もし、1日トータルでも少し野菜が不足していると感じた場合は翌日に野菜を多く取るようなメニューにするなどしてみても良いですね。