食物アレルギーをお持ちのお子さんが幼児食を食べる時、どのようなことに気をつけ、どのような対処をしたらよいのかまとめました。

食物アレルギーの原因である食品を食べない

まず第一に大切な事は、食物アレルギーの原因である食品(アレルゲン)を食べないと言うことです。当たり前のことではありますが、実はとても注意が必要なことです。アレルゲンが、もし卵である場合、卵を食べないと言うことはわりと簡単です。しかし、食物アレルギーの場合、単体のみならずアレルゲンがが含まれている加工品も食べることが出来ません。卵を例にすると、卵の成分が入っているお菓子、パン、麺、はんぺん、ちくわなどの加工品、つなぎで使われているハンバーグなども食べられないと言うことです。アレルギー反応が強い場合は、少量でも反応が出てしまい、反応が出てしまうと、それ以降、体が敏感に反応しようとしてしまうので、除去をする期間がまた延びてしまうというわけです。商品を買う時は、しっかり表示を確認し、アレルゲンの入っている食品、加工品は購入しないようにしましょう。

食物アレルギーであることをきちんと知ってもらう

お子さんが小さい時は親がきちんと監視して、アレルゲンが入っている食品を食べさせないという事が可能ですが、お子さまの成長と共に、お友達づきあいなどが出てくると、周囲の大人にも食物アレルギーを持っているということを知ってもらう必要があります。お友達が美味しそうに食べているのを見て、うっかり口にしてしまうと言うことは良くあります。また、さらにお子さんが成長した場合は、自分が食物アレルギーであり、食べられない食材があるということを自分でも知ってもらい必要があります。

ちなみに我が家の場合ですが、卵アレルギーだった子供は、幼稚園に入園して自分が卵除去の給食を食べるようになり、「みんなとは違う」と分かって行ったようです。

食品添加物に気をつける

食品添加物はあらゆる加工品に入っています。食物アレルギーを持っている場合、食品添加物がアレルギー反応を引き起こしてしまうという事があるようです。

我が家は、自宅にある調味料で作れるもの(例えばめんつゆ、カレールー、シチューのルーなど)は自宅で作るようにしました。少し面倒ですが、安心には代えられません。お菓子やケーキもアレルゲンの入っていないものを作ったりして、なるべく体に良いものを心がけました。

幼児食は代替食品で乗り切る

例えば、卵アレルギーのお子さんにハンバーグを食べさせたい場合、乳アレルギーのお子さんにヨーグルトを食べさせたい場合、小麦アレルギーのお子さんにパンを食べさせたい場合、代替食品で乗り切ることが出来ます。卵アレルギーのお子さんのハンバーグのつなぎには、卵の入っていないパン粉と牛乳を代替したり、乳アレルギーのお子様にヨーグルトを食べさせたい場合は豆乳ヨーグルトで代替したり、小麦アレルギーのお子さんにパンを食べさせたい場合は米粉パンに代替するということです。私も卵アレルギーでアナフィラキシーを起こした子供がいますが、この方法で問題なく成長しています。そして、現在は生の卵も食べられるようになりました。大変だと思いながらも、色々工夫することで、逆に新しい味を発見したり、レシピが広がることもあります。食に対する考えを深めてくれると思い食べられる日が来ることを諦めず、元気な体を作る幼児食を作りましょう。