離乳食期が終わると次は幼児食期が始まります。子供に幼児食を与えることによって普通の食事に慣れさせていく必要があるのです。では、幼児食の役割とは一体なんなのでしょうか。幼児食を進めるにあたって注意すべき点もありますので、それを合わせてご紹介します。

幼児食の役割

幼児食とはだいたい1歳半から5歳ぐらいまでの子供に与える食事で、この期間に栄養バランスのたっぷり取れた食事を与えることで身体の成長や味覚の発達などを促す役割を持ちます。さらに食べることへの興味や食事中のマナーなどもこの時期に教えることができるので、幼児食は重要な役割を担っています。

幼児食の内容はどうすればいい?

重要な役割を持つ幼児食ですが、では具体的にはどのような食事を与えればいいのでしょうか。次のことに気をつけて幼児食を作りましょう。

○薄味にする
子供の味覚は、幼児期では発達途中です。そのため、濃い味付けは味覚の発達に影響を及ぼす可能性があります。また、塩分過多になると、水分欠乏症や肥満の元になる恐れもありますので、幼児食は薄味を心がけましょう。素材の味を生かし、旬のものを食事に取り入れるといいでしょう。

○栄養バランスをしっかり考える
五大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル)をバランスよく取り入れた幼児食を考えましょう。偏った栄養は偏食や好き嫌い、体の成長や体内の免疫力等へ悪影響することもあります。ぜひバランスのとれた食事で、体内環境を整備し、丈夫な体づくりをしていきましょう。

○おやつも幼児食の一部
1日3回の食事では栄養のバランスやエネルギーが補えない場合があります。そのための補食としておやつをあたえるようにしましょう。おやつはスナック菓子や砂糖のたくさん含まれた飴やジュース等を避け、果物や野菜、またはその日に与えられなかった栄養素を含むものをあげるようにしましょう。

幼児食の献立例

献立例①
朝:トースト1枚、ゆで卵1/2個、野菜スティック(キュウリ、人参、大根)、ヨーグルト
昼:焼きそば(豚肉、玉ねぎ、ピーマン、もやし)
おやつ:スイートポテト、牛乳
夜:ご飯、味噌汁(わかめ、豆腐)、唐揚げ、ほうれん草のおひたし、かぼちゃサラダ

献立例②
朝:納豆ご飯、ミネストローネ(トマト、人参、玉ねぎ、コーン、ピーマン、ベーコン)
昼:クリームソースのパスタ(鶏肉、玉ねぎ)、りんご
おやつ:ヨーグルト
夜:おにぎり(しらすふりかけ入り)1個、けんちん汁(豚肉、ごぼう、人参、蓮根、豆腐)、たらのムニエル

献立例③
朝:バナナパンケーキ、牛乳
昼:チャーハン(卵、ハム、玉ねぎ、人参)、春雨サラダ
おやつ:イチゴミルク
夜:オムライス(卵、鶏肉、ミックスベジタブル)、ブロッコリーサラダ、わかめスープ

幼児食から普通食への移行は?

だいたい5歳までが幼児食を与える時期とされていますが、規則正しい食生活や、食事のマナーなど、食事をすることに慣れた子供には5歳以前より先に普通食へ移行して大丈夫です。ただし、子供によってペースがあるので、食べること自体が嫌いだったり、食べ物の好き嫌いや偏食の多い子供には少し長めに幼児食を与えてもいいでしょう。一番大事なことは子供のペースや自立心を尊重することです。一人一人に合わせた方法で普通食へ移行しましょう。