幼児食とは、離乳食期の次に始まりまる形態のことをいいます。幼児食を与えることによって、大人と同じ普通の食事に慣れさせていきます。

幼児食の役割

幼児食とはだいたい1歳半から5歳ぐらいまでの子供に与える食事で、この期間に栄養バランスのたっぷり取れた食事を与えることで身体の成長や味覚の発達などを促す役割を持ちます。さらに食べることへの興味や食事中のマナーなどもこの時期に教えることができるので、幼児食は重要な役割を担っています。

幼児食の内容と注意点

幼児食を作るにあたって注意するべき点は以下の通りです。

薄味にする

子供の味覚は、幼児期では発達途中です。そのため、濃い味付けは味覚の発達に影響を及ぼす可能性があります。また、塩分過多になると、水分欠乏症や肥満の元になる恐れもありますので、幼児食は薄味を心がけましょう。素材の味を生かし、旬のものを食事に取り入れるといいでしょう。

栄養バランスをしっかり考える

五大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル)をバランスよく取り入れた幼児食を考えましょう。偏った栄養は偏食や好き嫌い、体の成長や体内の免疫力等へ悪影響することもあります。ぜひバランスのとれた食事で、体内環境を整備し、丈夫な体づくりをしていきましょう。

おやつも幼児食の一部

1日3回の食事では栄養のバランスやエネルギーが補えない場合があります。そのための補食としておやつをあたえるようにしましょう。おやつはスナック菓子や砂糖のたくさん含まれた飴やジュース等を避け、果物や野菜、またはその日に与えられなかった栄養素を含むものをあげるようにしましょう。

幼児食で食生活を育てる

離乳食を卒業した子どもは、一人で遊んだり歩いたりできるようになっていきます。食事も同じで、少しずつ食べさせてもらうことから、自分で食べられるようになっていきます。言葉が分かるようになり、親とコミュニケーションが取れるようになり、食事もただ食べるということではなくなっていきます。離乳食は食べ物から栄養をとるための練習でしたが、幼児食はこれから始まる「食生活」を育てていくことが目的になります。まだ、奥歯が生えていない子どもは、噛む力が弱く全く同じものは食べることができないので、ひと手間かける必要はまだありますが、2歳過ぎくらいになってくると、奥歯も生えそろう子どもがふえ、食べ物の形状も大人の食事に近づいていきます。子どもの成長に合わせ少しずつ食生活を育てていきましょう。

幼児食で食事のリズムを整える

離乳食も完了に近づくにつれ、食事のリズムが大切になってきますが、幼児食も同じことが言えます。夕食は、遅くても9時までには布団に入るようにしましょう。早めに夕飯を食べ、早めに就寝すると、お腹が空いて早起きになります。すると朝食も美味しく食べることができ、1日のリズムが整います。食事の時間は生活のリズムを整えるためにとても大切で、食事を規則正しく食べる習慣を幼児食で身につけるようにしましょう。

離乳食と幼児食の違いとは

離乳食が完了すると幼児食が始まります。離乳食の完了期が1歳半頃とされているため、それ以降に食べる食事が幼児食ということになります。

離乳食はそれまで母乳やミルクを飲んでいた赤ちゃんが、食べ物から栄養を摂取する練習をするための食事のことを言います。幼児食は離乳食の過程を経て、食べ物から栄養を摂取することが出来るようになった子供の食事のことを言います。個人差もありますが、1歳半頃に幼児食に切り替えるというケースが多いようです。

離乳食から幼児食への移行の仕方

まずは、離乳食の完了期頃のメニューを食べさせて様子を見ます。問題なく食べることができているメニューは、固形物を増やすなどして少しずつ大人に近い形態にします。まだ食べるのに積極的でなかったり食べにくそうにしたりしている場合は、食べやすい形態を続けるようにします。無理やり離乳食に移行するのではなく、楽しく食事ができるように様子を見ながら少しずつ移行していくことが大切です。

離乳食から幼児食へ移行する時期の食べ方

赤ちゃんの中には、イヤイヤ期に入ったり、偏食があったり、遊び食べをしたりなど、親にとって頭を悩ますことも出てくる時期です。まずは「食事は楽しく美味しく」を心がけるようにします。子供が食べやすい形態であれば、最初は手掴みからでも大丈夫です。「食べたい」という意欲を大切にし、しっかり食べることができるようになってから、スプーンやフォークを使うことを教えていきます。まだ上手に使えないフォークやスプーンを使いたがる場合は、エプロンを使ったり、ビニールシートを床の上に敷いたりして食べこぼしを防ぐといいでしょう。

幼児食で様々な栄養を摂取させる

離乳食の時に様々な食べ物が食べられるようになると、幼児食になり食べ物から栄養を摂取する時期にとても助かります。食事が楽しい時間になるような工夫を普段の生活から心がけましょう。食事をしっかり食べてもらうために、おやつを沢山与えすぎない、毎日決まった時間に食事をする、味の濃い食べ物を食べさせない、などは食生活を見直すようにします。こうすることで、偏食をなくすことにもつながります。離乳食の頃とは違い、幼児食は食べ物の形態も大人が食べる一般食に近づく大切な時期です。そんな幼児食の時期だからこそ、一緒に食卓を囲みながら食事をし、食べ物の大切さを教える食育ができると言えます。

幼児食の人気資格

健康的に生きてゆくためには、衣・食・住のうち「食」がポイントになります。特に、幼児にとっては体の基礎を作るのに「食」が重要なポイントとなります。健康的で美味しい幼児食を作れるようになるために役立つ人気資格についてご紹介します。

① 幼児食マイスター

離乳食を卒業して幼児食に移る頃は、脳・経細胞や、骨・筋肉の成長が著しいため、しっかりとした知識に基づいた栄養的な食事が必要になります。幼児食マイスターを取得すると、子供の身体の特徴を理解して、栄養のバランスが整ったメニューが作れるということの証明になります。また、蕁麻疹やかゆみなど皮膚に対する症状が現れるアナフィラキシー症状に対する予防と対策についての知識を付けることもできます。

幼児食マイスターは、日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催する認定試験に合格すると資格取得できます。受験資格は特になく、どなたでも受験することができます。受験料は10000円と手頃な価格で、インターネットから受験申し込みができます。2か月毎に試験が設定されていて自宅で受験する方式です。

幼児食マイスターを取得した人は、自分の子育てに活かすことはもちろん、自宅やカルチャースクールで講師活動している人もいます。

幼児食は、今後の子どもの味覚を育てるために大切なものです。この時期の食育が上手くいけば食べ物の好き嫌いを減らすことができる大切な時期ですが、実際に食育をしようと考えていても、好き嫌いをなくすための献立はどのように考えたらいいかわからないと悩んでいる保護者もとても多いです。

幼児食マイスターは、そんな子育ての悩み解決にも役立つ資格です。

幼児食マイスターの資格の基本情報

「幼児食マイスター」の受験資格は、特に定められておりませんので、どなたでも受験できる資格です。カリキュラム修了後、随時在宅で受験をすることになります。

試験内容は、子どもの成長に合わせた栄養バランスや離乳食から幼児食に変える時期について、幼児食に向く食材・不向きな食材や子どもの身体や脳、神経細胞の成長に合わせた食事についてなどです。

さらに、アナフィラキシー症状の予防・対策や、子どもの遊び食べの克服するためのしつけについての知識も問われます。

受験申請は、インターネットからの申込みとなっております。

受験料は、10,000円(税込)で合格基準は得点率70%以上です。合否結果は答案受付後約20日後で送付されます。

幼児食マイスターを取得するメリット

「幼児食マイスター」で得た知識で、日ごろの幼児食の献立の組み立て方や、必要な栄養バランスについて知ることができるので食育に自信をもって取り組むことができます。

さらに多くの両親が悩んでいる子どもの遊び食べや好き嫌い、食物アレルギーについての悩みを解消することができます。

自分の子どもに対しての食育だけではなく、幼児食に悩みを抱えてる保護者に対してのアドバイスをすることができるようになります。

幼児食マイスターを活かせる仕事とは

幼児食マイスターを活かせる仕事といえば、さまざまなものがありますが、たとえばを食品メーカーが販売している離乳食および幼児食の製造、開発に幼児食マイスターの知識を活かすことができます。

ほかにも、保育園や幼稚園、こども園の調理師として働いている人も幼児食マイスターの知識を活かすことができます。

近年、保育園や幼稚園、こども園の厨房で自園給食を提供する保育園も多い傾向にあるので、活躍の場は今後も増えていくことが予想されます。

② ベビーフードインストラクター

ベビーフードインストラクターは、日本インストラクター協会(JIA)が主催する認定試験に合格すると資格取得できます。JIAは、ベビーフードインストラクター以外にも、管理健康栄養インストラクターや野菜パティシエ認定試験など、「食を教える」資格を主催しています。このため、ベビーフードインストラクターもプロ向けの資格になっていますが、受験資格は特にありません。

ベビーフードインストラクターを取得した人には、自宅で開業する人、講師活動を始める人、自分の子供のために役立てる人などがいます。

生まれてきたばかりの子どもは、固形物を食べることはできませんので、はじめは母乳やミルクなどの流動食から食べ始めます。

そして、歯が生え始めてからは少しずつ流動食に固形物を混ぜて「離乳食」を食べさせるようになりますが、離乳食の初期・中期・後期・完了期それぞれに子どもの成長に適した工夫が必要です。

また、離乳食を食べ始める時期には食の好みも出てくるので、単純に子どもにいい栄養が入っているから食べさせるということではなく、子どもに「おいしい」と感じてもらう必要があります。

ベビーフードインストラクターは、子どもに食べる楽しみを教えることができる知識が欲しいという、親世代の人におすすめの資格です。

ベビーフードインストラクター資格の基本情報

「ベビーフードインストラクター」の受験資格は、特に定められておりませんので、どんな人でも受験することができ、受験申請はインターネットからの申し込みとなります。

また在宅受験となっていますので、試験会場まで足を運ぶ必要はありません。

試験内容は、子どもに必要な栄養素、栄養バランスや子どもの体格や体質、運動量に合わせた食事量の調整が出題されます。

受験料は、10,000円(税込)で合格基準は得点率70%以上です。

合否結果は答案受付後約1ヶ月前後で送付されます。

幼児食インストラクターを取得するメリット

「ベビーフードインストラクター」で得た知識で、自分の子どもに対して、どんな栄養が必要で、どのような工夫をして食材を食べさせるかなどレシピを考えることができるので、自信をもって食育をすることができます。

乳児期から幼児期の食事について、どんな食べ物を食べさせればいいか、レシピがワンパターンになってしまい、子どもに飽きられてしまったなど、悩んでいる人や困っている人は意外に多いです。

そのため、ベビーフードインストラクターの資格を取得したことによって自分と同じように子どもを育てる親世代の人の悩みにアドバイスすることもできます。

ベビーフードインストラクターを活かせる仕事とは

ベビーフードインストラクターの資格を取得したことで、自治体や地域で開催される子どもの食事や食事方法、離乳食の相談会や講習会にて講師を務めることができるようになります。

食品メーカーもベビーフードの開発、販売に力を入れている企業が多いので、ベビーフードインストラクターの資格を活かして、企画開発部で活躍できる可能性もあります。

③ 幼児食インストラクター

幼児食インストラクター資格は、日本能力開発推進協会(JADP)が認定する資格です。資格の認定試験を受けるためには、事前にJADPが指定するカリキュラムを修了する必要があります。

現在、該当するカリキュラムは、キャリアカレッジジャパンが運営する通信教育があります。3か月の講座は36000円かかりますが、幼児食専門の管理栄養士と、小児科医が監修しているので、初めて幼児食を作るお母さんはもちろん、幼児食のプロとして活動を目指せる実力を養うことができます。

幼児期の子どもの食事は、むら食いや小食や過食など悩んでいる両親が多いですが、この時期に正しい食習慣を身につけないと、肥満や虚弱体質、アレルギー疾患など発達に影響を与えてしまうこともあります。

「幼児食インストラクター」の資格では、管理栄養士・小児科医の全面監修のもと、レシピや食事のつくり方、効果的な食べさせ方や食物アレルギーなど子どもの食事に関わる知識はもちろんのこと、子どもの行動理由、さらには病気時のケアまでしっかり学ぶことができます。

子どもの食育について「正しい知識をつけたい」と感じている人におすすめの資格です。

幼児食インストラクター資格の基本情報

「幼児食インストラクター」の受験資格は、協会指定の認定教育機関等が行う教育訓練においてその全カリキュラムを修了した者とされています。

カリキュラム修了後、随時在宅で受験をすることになります。

試験内容は、幼児食の基礎知識、幼児期の食事、栄養と代謝、病気のときの食事、食物アレルギーに関する職業能力となります。

受験料は、5,600円(税込)で合格基準は得点率70%以上です。

合否結果は答案受付後約1ヶ月で送付されます。

幼児食インストラクターを取得するメリット

「幼児食インストラクター」で得た知識で、多くの両親が悩んでいる子どもの遊び食べや好き嫌い、食物アレルギーについての悩みを解消することができます。

また、成長の段階に合わせた最適な食行動や食事がわかるので、自信を持って成長の過程に合わせた対応をすることができます。

そして学びを生かして子どもの食行動や食事に悩んでいる両親たちにも適切にアドバイスをすることができます。

さらに、病気時の正しい対応についても学ぶことができるので、病気時のケアや料理がわかり、突然の発熱や病気の時も慌てず対応できます。

幼児食インストラクターを活かせる仕事とは

子どもの食事や食事方法は離乳食とは異なり、勉強会や講習会が少ないので、子どもを持つ両親が子どもの食事について悩みを抱えていても相談できる場がなく、潜在的な指導者不足となっています。

幼児食インストラクターの資格を取得することで、料理教室などで幼児食の作り方を教えたり、アドバイザーとしてセミナーを開くなど「講師」として起業することも可能です。

また、講師としてだけではなく、保育士や幼稚園教諭として保育に携わっている人が、幼児食インストラクターの知識を活かして、保護者からの子どもの食事に関する相談に的確なアドバイスができるようになります。

さらに飲食店で子ども用メニューを開発するときに幼児食インストラクターで学んだことを活かすこともできます。

起業の可能性も、今いる職場でのキャリアアップも目指すことができるのが幼児食インストラクターの資格です。

④ 幼児食アドバイザー

幼児食アドバイザーは、母子栄養協会認定の資格で、幼児期の偏食やアレルギーなど、子どもの食事に悩む保護者のアドバイザーになることができる資格です。東京カルチャーセンターが主催する資格です。6か月間の通信教育を受講し、全ての課題を提出した人に対して、有料で終了証が与えられると、幼児食アドバイザーを取得したことになります。

通信教育の難易度は、初級者から上級者向けと設定されていて、幅広いお母さんに受講してもらいたい講座となっています。教材費は37000円と少しかかりますが、幼児食の知識について基礎から応用までしっかりと学べます。幼児食調理の実践的な技術についても学べますので、初めて子育てする人にもおすすめです。

実践しやすい幼児食のレシピ集や、食物アレルギーについて詳しく解説したサブテキストは、幼児食アドバイザー養成通信講座が人気の理由の1つになっています。

子育てをしている保護者から「偏食気味で食事をどのように食べさせたらいいかわからない」、「子どもにアレルギーがあって食事を苦痛に感じているようで、どうしたらいいかわからない」という悩みはよく耳にします。

毎日食事をするうえで、子どもに必要な栄養バランスや食べさせ方など簡単なように見えてかなり難しいと感じている保護者は多いです。

そんな悩みを解消できるのが「幼児食アドバイザー」の知識です。

幼児食アドバイザー資格の基本情報

「幼児食アドバイザー」の受験資格は、母子栄養協会の開催する講義を1日、または半日受講する必要があります。

講座は、管理栄養士や母子栄養士などの資格保有者で実務経験が5年以上の母子栄養協会認定の講師が行いますので、栄養学のプロから教わることができる貴重な機会を得ることができます。

5時間のカリキュラム修了後、随時在宅で受験をすることになります。

講義の内容は、幼児のからだの成り立ちと発達から幼児に多い病気と消化によい食べ物、食物アレルギーや幼児期の食問題とその解決法などを学びます。

ほかにも食材献立作成のヒントや幼児向け食育、そして幼児食の指導やアドバイス方法についても学ぶことができます。

試験内容は、自宅で調理課題と執筆試験となります。

受講料は、41,040円(税込)でこの中に試験費用も含まれています。

合格時にはエプロンや認定バッチ、ディプロマなどももらえます。

幼児食アドバイザーを取得するメリット

「幼児食アドバイザー」で得た知識で、子どもに対してどんな食べ物を食べさせたほうがいいのか、どんな献立がいいのか自信をもって考えることができるようになります。

さらに、幼児向けの食育で悩んでいる保護者に対して適切なアドバイスをすることができます。

幼児食アドバイザーを活かせる仕事とは

離乳食のようなベビーフードに関しての勉強会や講習会はよく見かけますが、幼児期の食事に関しての勉強会や講習会は少なく、子どもに対しての食育の悩みを相談する場もまだまだ少ないのが現状です。

しかし、実際には幼児期の食育に悩んでいる保護者は多く、幼児食について相談できる場の需要は高まりつつあります。

幼児食アドバイザーの資格を取得することで、料理教室などで幼児食の作り方を教えたり、アドバイザーとしてセミナーを開くなど「講師」として起業することも可能です。

ほかにも、保育士や幼稚園教諭として幼児保育に携わっている人で幼児の保護者から食育についての相談を受ける機会が多い人や飲食店で働いている人でも子ども用メニューを開発するときにも幼児食アドバイザーで学んだ知識を活かすこともできます。

⑤ 子供食育健康管理コーディネーター

子供食育健康管理コーディネーターとは、子ども栄養学入門、そして食育管理の基礎知識、技術を取得したことが証明できる資格です。

資格支援能力振興協会が認定する資格で、幼児から小中学生までを対象とした食育健康管理の向上を目的としており、子供の健康と食育、子供のスポーツと栄養などに関する情報提供が求められます。

子供食育健康管理コーディネーターの認定を受けるには、子供食育健康管理コーディネーター資格取得講座を受講し、認定試験に合格する必要があります。講座には通信教育も用意されており、認定試験は自宅受験可能です。通信教育に48000円、認定試験受験料に5000円かかりますが、DVDとテキストでわかりやすく学習を進めることができます。

子どもの時から、食べ物の好き嫌いをなくして健康な体を作ることが重要なことだと多くの保護者が知っていることですが、実際に子供は偏食気味になったりするものです。

また、食事は毎日用意しなくてはならないので、どうしても献立のレパートリーが尽きてしまい、栄養バランスが偏ってしまったりすることも多いです。

そんな日ごろの食の悩みを解消することができるのが、子供食育健康管理コーディネーターの資格で得ることができる知識なのです。

子どもの食事は、子どもの健康はもちろんのこと、スポーツや勉強にも関わってくるとても重要なものです。

毎日食べる食事だからこそ正しい知識を身につけたいと考えている子どもの保護者におすすめの資格です。

子供食育健康管理コーディネーター資格の基本情報

「子供食育健康管理コーディネーター」の受験資格は、「一般社団法人資格支援能力振興協会」が行う講座において全カリキュラムを修了した者とされています。

カリキュラム修了後、随時在宅で受験をすることになります。

試験内容は、食材の栄養についてや歯磨きについて、理想的な朝食やお弁当の作り方、スポーツによる疲労を回復させやすくする食事、熱中症を防ぐための水分補給方法などで、全60問ある試験問題のうち70点以上で合格となります。

子ども食育健康管理コーディネーター資格取得講座は48,000円(税込)となっています。

この金額にはDVD6巻+テキスト+認定試験問題などの教材セット、そして在宅試験料や認定料も含まれます。

子供食育健康管理コーディネーターを取得するメリット

幼児期や成長期の子どもを養育している保護者や幼稚園や小・中学校でお弁当や食事の指導に関わっている先生は、子どもたちの「朝食を食べない」「好き嫌いが激しい」など、健康管理に悩みを抱えている人はとても多いです。

特に、子どもがスポーツ活動をしている場合、日ごろの食事管理の専門的な知識を必要となります。

子供食育健康管理コーディネーターの資格で、日々の食事で取り入れるべきアイデアや食事管理について専門的な知識、さらには病気時の正しい対応についてまで学ぶことができるので、子どもの食事管理について自信をもって対応することができるようになります。

子供食育健康管理コーディネーターを活かせる仕事とは

子供食育健康管理コーディネーターの知識は、子どもに携わる仕事では重宝される知識です。

特に、子どもにスポーツ指導を行っているコーチなどはスポーツをするための食事管理を子どもの保護者にアドバイスすることができるようになりますので、スポーツの技術だけではなく、食事管理による体つくりまで知識を持っているということで、子どもから、そして子どもの保護者からの評価も上がります。

さらに、子どもの食事管理については悩んでいる保護者も多いものの、相談できる機関や勉強会、講習会が少ない傾向にあります。

今後も健康志向の高まりとともに食事管理の正しい知識を得たいという需要は高まることが予想されますので、子供食育健康管理コーディネーターの知識を活かして、講師として子ども食事管理に関する勉強会や講習会を開催することも可能です。

⑥ 食育健康アドバイザー

食育健康アドバイザーとは、日常において当たり前に行われている「食事」について考えて、普段の食事から体を整えていくことを心掛けることができる知識を得る資格です。

近年、日本人の平均寿命は延びつつあり、いつまでも元気な体でいたいと考える「健康志向」を持った人が多い傾向にあります。

健康寿命を高めるために意識すべきことといえば、やはり「食生活」です。

食育健康アドバイザーの資格は、そうした食と健康を結びつけるのに必要な知識や技術を身につけて、日々の生活に役立てることができます。

子どもの食育や、日ごろの食事の献立に健康的なメニューを取り入れたいと感じている人におすすめの資格です。

食育健康アドバイザー資格の基本情報

「食育健康アドバイザー」の受験資格は、特に定められておりませんので、どなたでも受験することができる資格です。

受験申請は、インターネットからの申込みで受験料は10,000円(税込み)となっています。

さらに在宅受験で合格基準は70%以上の評価となっておりますので、忙しい人でも受験しやすい資格です。

食育健康アドバイザーを取得するメリット

実際に、健康的な食事を心がけようとしても、仕事の都合で外食が多かったり、自炊をしていても「健康にいい食材」や「健康にいい栄養バランス」の情報は数多くあり、どれを実践すればいいのか悩んでいる人も多いです。

「食育健康アドバイザー」で得た知識によって、自分の体に必要な食材や献立がわかるようになり、自信をもって食事を楽しむことができるようになります。

また、同じように食事と健康について悩みを抱えている人にアドバイスをすることができますので、人の役に立つことができます。

そして、食に対しての意識が高まっている今だからこそ、食育健康アドバイザーの需要は高まっており、食育健康アドバイザーの資格を仕事で活かすことができるということも、食育健康アドバイザーの資格を取得する最大のメリットであるといえます。

食育健康アドバイザーを活かせる仕事とは

健康志向が高まっている昨今では、企業も健康的な食事への関心が非常に高くなっているので、食育健康アドバイザーの資格は、食品や食事に関わるあらゆる仕事において重宝されます。

ですので、食品メーカーの販売や企画開発部などで食育健康アドバイザーの知識を活かすことができます。

ほかにも、食堂や給食センターなど食に直接かかわる職場で食育健康アドバイザーの知識は重宝されます。

また、食育健康アドバイザーの資格を保有していることで、食育に関する講演会やセミナーなどに講師として活動することができます。

特に食育が重要な幼児期の子どもを持つ親世代に対しての食育の講演会やセミナーは需要があるのにも関わらず、講師として活動できる人材が少ないので、食育健康アドバイザーとしてのビジネスチャンスが大いにあります。

人気資格が取得できる通信教育・通信講座

ここでご紹介した資格は、通信教育スクールの講座で学習できるものもあります。

独学で学習するのに不安を感じる方には、テキストや対策問題などが用意されている通信講座がおすすめです。

幼児食・離乳食に関する資格が取れる通信教育スクール・通信講座