カルシウムは子供だけでなく、全部の年代で不足しがちな栄養素のひとつとして挙げられています。カルシウムは成長に欠かすことのできない栄養素で、幼児期からしっかりと摂取することが好ましいとされています。なぜカルシウムが必要なのか、不足するとどうなってしまうのかなど、幼児食にカルシウムを取り入れたい理由について紹介します。

カルシウムは生きていくうえで必要な栄養素

カルシウムは五大栄養素の中のミネラル類に分類されていて、人間が生きていくうえでは欠かすことができない栄養素のひとつです。骨や歯の主成分であると同時に、カルシウムは神経や筋肉の興奮を招請する働きや血液を正常に固まらせる働きをします。体内のカルシウムの約99%は骨や歯に貯蔵され、残りの1%が血液や筋肉や神経などで体の働きを維持するために使われています。カルシウムは子供だけでなく大人にとっても必要な栄養素だと言えます。

カルシウムが不足すると骨や歯がもろくなる

カルシウムの99%は骨や歯に蓄えられると紹介しましたが、体がカルシウム不足になると蓄えられたカルシウムを引出し、血液中のカルシウムが一定になるように調整されています。カルシウムが十分であれば引き出されるカルシウムの量が減り、骨や歯はどんどん丈夫になります。反対にカルシウム不足になると、骨や歯からカルシウムがどんどん引き出され骨や歯はどんどんもろくなってしまいます。カルシウムを貯蔵することができるのは高校生くらいまでといわれていて、25歳くらいになると骨密度は徐々に減少していきます。一度減少した骨密度は増やすことは難しく、減少が進むと骨粗しょう症のリスクが高まります。カルシウムを貯められるときにたっぷり貯めておくために、幼児食からしっかりカルシウムを摂取することが好ましいのです。

カルシウムはこんな食材に含まれる

カルシウムというと牛乳やチーズ、小魚に多く含まれているイメージがありますが、ほかにもカルシウムが豊富に含まれている食材はたくさんあります。桜エビやえんどう豆、ゴマやヒジキは100gあたりの含有量は牛乳よりも多いことが特徴です。ヒジキのほかにも海藻類にはカルシウムが豊富に含まれているので、幼児食には積極的に取り入れたい食材です。小魚は丸ごと食べられるしらすや小女子などを利用するといいでしょう。

カルシウムたっぷりふりかけを作ろう

普段からカルシウムを意識した幼児食を提供してあげたいものです。カルシウムがたくさん含まれた食材を使って、ふりかけを作ってみませんか?小さな子供でも食べやすく、手軽に作れるレシピを紹介します。

・桜エビ

・しらす

・戻したひじき

・鰹節

・大根菜もしくは小松菜

・醤油

・みりん

桜エビは食べやすくするために荒くカットします。大根菜もしくは小松菜は柔らかく茹で、しっかり水気を切ってからみじん切りにしておきます。具材をすべてフライパンに入れ、水分がなくなるまで乾煎りしましょう。ぱらぱらになってきたら醤油とみりんを適量入れて味を調えます。お好みでごま油をひと回ししてもOKです。水分が飛んだら完成です。カルシウムたっぷりの手作りふりかけは、ご飯にかけてもいいですし、納豆や卵焼きに混ぜてアレンジするのもおすすめです。小さな子供でも食べやすいように、甘辛く味付けしてくださいね。