1歳半くらいのお子さんの幼児食の食べ方は色々です。スプーンやフォークを使いたがるけど、食は細いお子さんもいれば、手づかみでも沢山食べるお子さんもいます。親としてはスプーンやフォークの練習もさせたいところですが、しっかり食べても欲しいというのもあります。そんなときは手づかみできる幼児食を用意してみてはいかがでしょう?献立をまとめてみました。

1歳半の幼児食~主食

○ごまと青海苔のおにぎり(幼児1食分)

・ごはん:子供用の茶碗に1杯程度

・すりごま:小さじ1/4

・青海苔:小さじ1/4

①ご飯を二等分する。

②①の一方にはすりごまを、もう一方には青海苔を混ぜる。

③俵型や三角形など持ちやすい形ににぎる。

※風味の違うおにぎり二種で食欲をそそりましょう。栄養面では、糖質とビタミンを摂取できます。

1歳半の幼児食〜汁物

○キャベツとにんじんのみそ汁(幼児1食分)

・キャベツ(芯を取って):1/3枚

・にんじん:1cm厚さの輪切り1枚

・だし汁:1カップ

・みそ:小さじ1/3

①キャベツは1.5cm長さくらいのせん切りにする。

②にんじんは皮をむき、1.5cm長さくらいのせん切りにする。

③鍋にだし汁と①、②を入れ、やわらかくなるまで煮る。

④やわらかく煮えたら、③にみそを溶き入れる。

※いつもの野菜はみそ汁に入れて食べやすくしました。ビタミンを摂取できます。

1歳半の幼児食〜主菜

○まぐろの竜田揚げ(幼児食1食分)

・まぐろの刺し身(赤身):2切れ

Aしょうゆ:小さじ1/6

A砂糖:少々

A水:小さじ1/2

・片栗粉:大さじ1〜2

・揚げ油:適宜

・レタス:1枚

①まぐろの刺し身は1cm四方くらいの大きさにそぎ切りにし、Aを混ぜたちれに少し漬け込んで下味をつける。

②①の汁けをよくきり、片栗粉を軽くまぶす。

③180度に熱した揚げ油で、②をカラリと揚げる。

④皿にちぎったレタスを敷き、③を盛る。

※魚も食べやすい大きさで手づかみ食べができます。タンパク質とビタミンを摂取できます。また、赤身のマグロは鉄分、カリウム、ミネラルが豊富です。付け合わせのレタスでビタミンも補給できるので、栄養面でもバランスのよい一品です。大人は生のマグロを食べられますが、幼児食ではまだ注意が必要なので、加熱したものを与えましょう。大人がまぐろの漬け丼などのメニューの時に取り分けも可能ですが、味の濃さに注意しましょう。

一歳半の幼児食は手づかみしながら

一歳半の幼児はもちろんですが、子供が食事を取るときは必ず大人が付き添い一緒に食事を取るようにします。子供は大人な食べる姿からも、食べ方を学びます。手づかみ食べをしている幼児なら尚のことですね。自ら食べる意思があっても、上手にスプーンやフォークを使えずイライラしている時は、食べさせてあげたり、補助をするだけで、スプーンやフォークを口に運ぶ方法やすくい方、刺し方を身につけます。一口の大きさもそのようにして、実体験から身についていくはずです。とはいえ、無理強いは避けたいところです。そんな時に、手づかみできる料理と手づかみできない料理が並ぶと、ストレスなく食べる事ができ、尚且つ練習もできます。ビニールシートを敷いたりして、食べ散らかしのストレスを軽減しながら食事の時間を楽しめると良いですね。