納豆は言わずもがな、誰もが知る栄養価の高い健康食品です。ご飯に納豆をかけた那桐ご飯だけで1日の栄養素が足りるぐらい高い栄養素を含む納豆ですが、いつもそれだけでは飽きてしまいます。そこで、幼児食にオススメの納豆を使ったレシビをご紹介します。今回は、納豆嫌いのお子さんでも食べられるものばかりをピックアップしました。また、簡単に作れるものばかりですので、忙しくて時間がないというお母さんでも手間をかけずに作ることができます。

納豆の栄養とは?

納豆にはたんぱく質、ビタミンB、ビタミンE、カリウム、マグネシウム、鉄分、食物繊維、カルシウムが含まれています。これらの成分の含有量は他の食材に比べとても高く、納豆はスーパーフードと言えるでしょう。さらにカルシウムは子供の成長に必要な骨や歯の形成を助けますし、イライラするのを防ぎます。また、鉄分は貧血を防ぐので、体を丈夫にします。加えて納豆には整腸作用もあるため、便秘や下痢にも効果的な食材になります。

幼児食オススメ納豆レシピ

○納豆チャーハン
納豆嫌いの子供から大人まで満足させてくれる納豆チャーハンです。ネギだけでなく、残り野菜を入れればさらに栄養が摂れるのでこれ一品で献立が決まります。

材料
 ごはん 茶碗2杯分
 納豆 1パック
 ネギ 1/3本
 卵 2個
 顆粒だし 小1と1/2
 マヨネーズ 大1
 塩、胡椒
 しょうゆ 小1
 バター 10〜15gお好みで

作り方
 ネギをみじん切りにしておいておく。
  ボウルに卵、マヨネーズ、納豆(付属のタレも含む)をいれよく混ぜ合わせたら顆粒だしとご飯を入れて混ぜる。
 温めたフライパンにバターをいれ、上記のボウルに入ったものを炒める。
 さらにネギをいれ、パラパラになったら塩胡椒で味を整え、最後にしょうゆを回し入れる。

○納豆チーズオムレツ
納豆臭さがなくなるので納豆嫌いの子供にも最適のチーズオムレツはいかがでしょう。つかみ食べもできるので幼児食に最適のレシピです。

材料
 卵 4個
 納豆 3パック
 チーズ 好きなだけ
 残り野菜 好きなだけ
 万能ネギ たくさん
 バター、オリーブオイル それぞれ大1

作り方
 納豆と添付のタレを混ぜ、そこに残り野菜と万能ネギを混ぜる。さらにチーズを混ぜ合わせる。
 バターとオリーブオイルを熱したフライパンにいれ、卵液を入れ最初は中火で焼く。
 周りが固まり始めたら弱火でしっかり中まで火を通す。
 お好みでマヨネーズやソース、ケチャップをつけて召し上がれ。

○納豆とにらのチヂミ
納豆独特のネバネバをいやがる子供にはこのチヂミがオススメです。納豆がネバネバしないため、つかみ食べもしやすくなっています。幼稚園のお弁当にも適していますし、出来上がりを一つずつラップに包んで冷凍保存することも可能です。

材料
 納豆 1パック
 にら 1/2袋
 玉ねぎ 1/4個
 卵 1個
 小麦粉 大4〜
 片栗粉 大1
 水 20cc

作り方
 にらは食べやすい大きさに切り、玉ねぎはみじん切りにする
 ボウルに材料を全部入れ、よく混ぜる。付属のタレも忘れずに入れる。また、水は生地の固さによって調整する。
 フライパンにごま油をしき、作ったタネを流しいれ蓋をして中火で焼く。片面に焼き色がついたら反対側も焼いて出来上がり。