離乳食期には野菜も抵抗なく食べていたのに、幼児食になったとたんに野菜を進んで食べなくなった、ということはよくあることです。なるべくいろいろな野菜を食べさせたいと思うのが親の心です。野菜嫌いを克服するためには、もっと野菜を身近に感じてもらう必要があります。野菜をもっと身近に感じてもらうために、食育の一環として家庭菜園を始めてみませんか?野菜を育てるメリットと育てやすい野菜を紹介します。

野菜ができるまでを知ることで食に興味を

普段はあまり野菜を食べないのに、自分が育てた野菜ならがんばって食べられるという子供は本当に多いです。なぜ自分が育てた野菜なら食べるのかというと、野菜を育てることは簡単ではないことを知ることができるからです。今の子供は畑を見たことがない子供も多く、野菜はもともとスーパーに売っているものと思っている子供も多いようです。野菜がスーパーに並ぶまでには、種をまき肥料を与え、水やりや草取りを欠かさず行うなどの手間がかかるということを知りません。家庭菜園を行うことで、野菜ができるまでの家庭を知り野菜作りの大変さを体験します。そうすると野菜に対する興味が膨らみます。

実がなるまでの楽しみを実感

野菜ができるまでには毎日お世話をする必要があります。芽が伸びて花が咲き、実がなるまでには何日もかかります。順調に見えても天候の悪い日が続けば実の付きが悪くなることもありますし、虫や鳥に食べられてしまうこともあります。何日もかけてお世話をすることで、実がなるまでの楽しみを実感することができます。食物が育つ喜びは、食育に欠かすことができない感情です。

収穫の楽しさは家庭菜園ならでは

家庭菜園をする醍醐味は、やはり自分で育てた野菜が収穫の時期を迎えたときです。家庭菜園でできた野菜しか、自分で収穫することはできません。「そろそろ収穫してもいいかな」「もうちょっと大きくなるまで待ってみよう」など、収穫が近づくとそのワクワクは最高潮を迎えます。収穫を体験しそれを自分で味わうことは、ほかでは経験することができない体験です。

家庭菜園におすすめの野菜

広い庭や畑がなくても、少し大きめのプランターがおけるスペースがあれば家庭菜園を楽しむことができます。プランターでは育てにくいものや、知識が少ないと育てることが難しい野菜もありますが、今回は子供と一緒にお世話ができる比較的簡単な野菜を紹介します。

・ミニトマト

・きゅうり

・なす

・オクラ

・ゴーヤー

・二十日大根

・大根菜

・サラダほうれん草

ミニトマトやキュウリなど花が咲いて実が付く野菜は、実がつくまでの様子がわかりやすく子供と一緒に育てる野菜に適しています。「お花が咲いたからもうすぐ小さな実がつくよ」など成長過程もしっかり見せてあげることが大切です。二十日大根は種まきから収穫までの期間が短く、何度か種まきと収穫を体験できるのでおすすめです。葉物野菜は種まきをすれば水やりだけで育てることができるので、家庭菜園ビギナーにも扱いやすい野菜です。虫や鳥に食べられやすいので、網をかぶせるなどの対策が必要なことも子供に教えるといいでしょう。花壇がある家庭では、大根やジャガイモ、サツマイモなどに挑戦してみるのもおすすめです。