離乳食を欲しがらないようなら、無理強いすることはありません。1度や2度、離乳食を抜いたぐらいでは、大きな栄養損失にはならないからです。

けれど数日にわたり欲しがらないとなったら、その理由も考えてみる必要があります。もしかしたら病気かもしれません。

離乳食を欲しがらない理由を考える

母乳、ミルクが大好き

離乳食よりも、母乳やミルクのほうが好きな赤ちゃんはいます。ミルクですと決まった量で調整するので、どれだけ飲んでいるのかわかりますが、母乳ではわかりません。十分足りているのか、不安になるところです。

離乳の指導は、5ヶ月頃から開始するとなっていますから、その頃から食べてくれないと、お母さんは悩んでしまうでしょうが、急ぐことはありません。

5ヶ月や6ヶ月なら、食べてくれなくてもなんの問題もないです。数日間を空けて、再度食べさせてみてください。

まったく興味を示さないようなら、まだ母乳やミルクだけで満足しているのです。心配でしたら乳児検診を受けて、生育状態を調べてみるといいでしょう。健康状態に問題がなければ、離乳食を急ぐ必要はありません。

順調に食べていたのに、欲しがらなくなった

いつもより機嫌が悪くないでしょうか。もしかしたら赤ちゃんは、歯が生えかけているのかもしれません。歯茎がむずがゆく、そのせいで食欲もないのでしょう。

または風邪を引いたのかもしれません。生後半年を過ぎると、お母さんが与えた免疫も切れてきて、風邪を引いたりするようになります。

微熱があったり、下痢をしていて体調が悪く、離乳食を欲しがらなくなっているのなら、病院に連れていって様子を見る必要があります。

離乳食に飽きて、欲しがらない

大人でも毎日同じような食事では飽きてしまいます。赤ちゃんにしても、離乳食を食べる楽しみが薄れてきて、食べたくないのかもしれません。

そんなときは無理に与えなくてもいいでしょう。そのかわり、お母さんが赤ちゃんの目の前で、おいしそうにご飯を食べてみせるといいでしょう。

今日のお母さんは楽しそうだなと、赤ちゃんも注目します。食べることは楽しい、そう思ってくれたら、赤ちゃんの口も自然にもぐもぐと、離乳食を欲しそうに動き出すでしょう。

離乳食の量や回数に縛られない

離乳食を欲しがらないことで、お母さんが神経質になるのはよくないことです。育児指導マニュアルにあるのは、あくまでも平均的な例ですし、厚生労働省の指針なども、以前とは変わってきています。絶対にこうしなければいけないというものは、ないということです。

食べてくれないとの悩みが生まれたら、食べる量が少なくても元気に育っている子がいると考えましょう。お母さんがおおらかな気持ちでいることが、赤ちゃんの食育にとって一番大切です。

離乳食を欲しがらないのなら、1食抜いてその時間を散歩に回すといいでしょう。またはおもちゃで遊んであげたり、ハイハイや伝い歩きの補助をしてあげます。

体を動かすと、お腹が空くのは赤ちゃんも大人と同じです。いつもよりたくさん遊んだら、たっぷり眠れるはずです。目覚めた頃には、お腹が空いているかもしれません。なにか食べたそうにしていたら、決められた時間以外でもいいので、食べさせてみてください。