毎日の子供のお昼ご飯、メニューがワンパターンになってしまって困っている、という人はいませんか?今回は主食も副菜も汁物もワンボウルで食べられる、うどんレシピを3つ紹介します。うどんは幼児食の定番メニューです。アレンジレシピを増やして、幼児のお昼ご飯に取り入れてみてはいかがでしょう。

味噌煮込みうどん

煮込みうどんは野菜もうどんも柔らかく、離乳食から幼児食に移行したばかりの子供でも食べやすいのでおすすめです。野菜は旬の野菜を取り入れてもいいでしょう。

・うどん半玉

・キャベツ4分の1枚

・ニンジン1cm

・かぼちゃ一切れ

・卵2分の1個

・だし汁300ml

・砂糖小さじ2分の1

・味噌大さじ1

うどん半玉は下茹でしておきます。キャベツ、ニンジン、かぼちゃは千切りにします。だし汁を沸かし、野菜を茹でます。野菜が柔らかくなったら砂糖と味噌を入れて味をつけます。ひと煮立ちしたらうどんを入れて柔らかくなるまで5分ほど煮こんだら溶き卵を流し入れ、1分ほど加熱したら完成です。

野菜たっぷりあんかけうどん

あっさりしたつゆにとろとろのあんをかけていただく、ひと味違ったアレンジうどんです。たっぷりの野菜であんかけを作りましょう。

・うどん半玉

・もやしひとつかみ

・ニンジン1cm

・キャベツ6分の1枚

・しめじ6房

・玉ねぎ8分の1個

・豚肉20g

・だし汁300ml

・塩少々

・醤油少々

・砂糖少々

・ごま油少々

・水溶き片栗粉適宜

うどんは下茹でしておきます。だし汁に塩をひとつまみ入れて温めておきます。野菜は食べやすい大きさに切りそろえ、豚肉と一緒にごま油で炒めます。野菜がしんなりしたらだし汁をお玉に1杯入れて5分ほど煮ます。醤油と砂糖で味をつけたら水溶き片栗粉でとろみをつけましょう。器にうどんを入れ、温めただし汁をかけた後に出来上がったあんをかけていただきます。

洋風トマトうどん

うどんを洋風にアレンジするのもおすすめです。トマトとチーズで食べやすく仕上げましょう。

・うどん半玉

・ホールトマト1個

・玉ねぎ8分の1個

・ニンジン1cm

・水300ml

・粉チーズ少々

・コンソメ2分の1個

・砂糖少々

・塩少々

・サラダ油少々

うどんは下茹でしておきます。玉ねぎは薄切り、ニンジンは千切りにし、サラダ油をしいた小鍋で炒めます。野菜がしんなりしたらホールトマトを入れて潰しながら炒めましょう。水を加えたらコンソメ、砂糖、塩で味をととのえます。5分ほど煮詰めたら下茹でしたうどんを入れて2分から3分さらに加熱します。器によそい、粉チーズをかけていただきましょう。

焼うどんとスープのコンビ

ワンボウルではありませんが、たまには汁物ではないうどんはいかがですか?焼うどんなら野菜もたっぷり食べられます。

・うどん半玉

・もやしひとつかみ

・玉ねぎ8分の1個

・ニンジン1cm

・キャベツ6分の1枚

・豚肉30g

・醤油大さじ1

・みりん少々

・鰹節少々

・サラダ油少々

○スープ

・だし汁100ml

・乾燥わかめひとつまみ

・塩ひとつまみ

うどんは下茹でしておきます。野菜は千切りにし、豚肉は野菜にそろえて細切りにします。肉と野菜をサラダ油で炒め、火が通ったらうどんを加えて炒めます。醤油を回し入れ味をつけたらみりんで仕上げます。かつお節をかけていただきます。スープは乾燥わかめをお湯で戻したものを、塩を加えて温めただし汁に入れるだけで完成です。