たんぱく質とは

たんぱく質は血液や筋肉などの体の基盤を作る上でとても大切な栄養成分であり、生命の維持と体内の代謝を円滑にしていくためには必要不可欠な栄養素になります。成人の大人では体重1kg当たり約1gのたんぱく質が必要なのに対して、子供は体重1kg当たり1.5g~2gを必要としています。成長が著しい幼児期は、体重当たりで考えると大人以上にたんぱく質を欲していることになるのです。たんぱく質はアミノ酸がいくつか組み合わさって作られているものになります。その中でも「必須アミノ酸」という言葉を耳にしたことがあるかと思いますが、これは10種類ありとても大切な成分になってきます。必須アミノ酸とは体の中で生成することができないため、食品から摂取していく必要があるアミノ酸になります。これらが欠けてしまうと体のバランスが崩れやすくなってしまうので、たんぱく質を含んでいる食材を偏りなく食べるようにしていきましょう。

ここでは、幼児期の成長に大切なたんぱく質をきちんと摂取できるメニューを取り上げていきます。今回は、動物性たんぱく質を多く含んでいる肉類に特化していきたいと思います。

ささみのピカタのレシピ

〇材料

鶏ささみ 2~3本

塩コショウ 少々

小麦粉 大さじ1

卵 1/2個

牛乳 小さじ1

チーズ(ピザ用がオススメ) 5g

青のり(パセリでも良い) 1g

バター 小さじ2

〇作り方

①鶏ささみは筋を取り除き、塩コショウでしっかりめに味をつけておきます。

②大きめのボールに卵を割りほぐして、牛乳,チーズ,青のりを混ぜ合わせておきます。

③①に小麦粉をまぶして、②に入れてよく絡めます。

④フライパンにバターをひいて、③をしっかり焼き、両面に少しこげめがついたら完成です。

鶏ささみは、鶏肉の中では最もたんぱく質を多く含んでいて、且つ脂質が少ない優秀な食材になります。肉質も柔らかいので、筋させきちんと取り除いておけば、子供にとっては食べやすい食材になります。また、卵,牛乳,チーズも動物性たんぱく質含有量が高いので、とてもオススメのメニューになります。食べやすいことからお弁当にも向いているので、是非ご活用下さい。

焼き豚のレシピ

〇材料

豚ヒレ肉(ブロック) 60g

塩コショウ 少々

にんにく(チューブ) 1g

サラダ油 大さじ1/2

長ネギ 5g

しょうが 1カケ

醤油 大さじ1/2

酒 小さじ1

砂糖 小さじ1

鶏ガラスープの素 3g

〇作り方

①豚ヒレ肉はネットを巻き、塩コショウ,にんにくをまぶしておきます。

②フライパンにサラダ油をひいて、①を両面に焦げ目がつくように焼きます。

③長ネギは、葉の部分をぶつ切りにしておきます。

④しょうがは、スライスします。

⑤鍋に醤油,酒,砂糖,鶏ガラスープの素を入れて煮立て、長ネギ,しょうがを加えておきます。

⑥鍋に②を入れて、40分ぐらい煮たら完成です。

⑦残った煮汁は少し煮詰めて、焼き豚のタレにすると美味しいです。

豚ヒレ肉はたんぱく質を豊富に含んでいて、豚肉の中では最も脂質が少ないものになります。少し時間がかかるように感じるかもしれませんが、鍋で煮始めたらほっておいて大丈夫なので、あまり手間をかけずに作ることができます。圧力鍋があると、より一層簡単に作れます。焼き豚が余ったら、タレとともにチャーハンに使うと、子供が大好きな焼き豚チャーハンの完成です。

幼児食でソーセージを食べさせる時の注意点

ソーセージとは、羊や豚の腸に塩や香辛料で味付けされた挽肉を詰めて、ボイルや燻製にしたものです。ソーセージには種類があり、日本で一般的に食べられているのは、ウインナーソーセージ、フランクフルトソーセージ、ボロニアソーセージなどがあります。ピザにのっているサラミ(ドライソーセージ)や最近人気の魚肉ソーセージも、ソーセージの中の一種です。大人から子供まで人気のある食材ですが、幼児食では気をつけなければいけない点があります。ソーセージはいつから食べさせて良いのか、栄養成分やカロリー、おすすめ料理や扱い方などをご説明します。

ソーセージの栄養成分&カロリー

ソーセージの中でも人気のあるウインナーソーセージは、100g当たりのカロリーが321kcalで、脂質が多い食品です。魚肉ソーセージは、100g当たりのカロリーが161kcalでウインナーソーセージに比べると低カロリーの食品で、カルシウムも多く含まれています(参考:五訂日本食品標準成分表)。食品メーカーは健康志向のニーズに対応し、塩分や脂質などを〇%カットと謳っている商品を開発し、販売をしています。幼児食に利用する時は、商品の栄養成分や原材料名を確認することをおすすめします。

ソーセージを食べさせて良い年齢&食べさせ方の注意点

市販のソーセージは添加物を使っているものが多く塩分も脂肪分も多いので、離乳食初期~後期までは食べさせないようにしましょう。離乳食完了期(1才~)になるとスープのコクを出しりするため、アクセントとして少量の利用は良いですが、できれば家庭で手作りしたものを使う方が望ましいです。食べる時は、必ず茹でて火を通しましょう。市販のものでも、塩分控えめのものや、添加物などにもこだわりのある商品などもありますので、安心して食べさせてあげられるものを選びましょう。

幼児食として積極的に食べさせる必要はないソーセージですが、小さいサイズのウインナーや皮なしで食べやすいウインナー、チーズが入っているウインナー、塩分控えめのウインナーなど、様々な商品が食品メーカーから販売されています。あまり神経質になり過ぎるのも問題です。子供が成長するにつれて給食や外食、キャンプなど様々な経験をすることでしょう。楽しく食事ができるように育ててあげることも大切です。

ソーセージを使ったおすすめ料理

離乳食完了期にはウインナーソーセージを、輪切りにしてトマトスープに入れたり、スライスしてピザトーストやグラタンにのせたり、小さく切ってチャーハンやオムレツに入れたりし、まるまま食べさせるのではなく、アクセント程度が望ましいです。

幼稚園や保育園にお弁当を持っていく時期になると、どうしてもウインナーソーセージは必要になってきます。子供はお友達が食べていると食べたくなるものです。そんな時には、いっぱい食べている気分にさせるのがコツです。1本のウインナーを輪切りにして茹で、うずら卵やチーズ、きゅうりを準備し、ピックに刺します。1本のピックには少量のウインナーしか刺さっていませんので、ピック2~3本を食べてもウインナーは1本分も食べていないことになり、工夫次第で量の調節はできるのです。野菜炒めや野菜入りオムレツなど、栄養のバランスを考えて使うことをおすすめします。魚肉ソーセージも同じような使い方ができます。