いろいな種類が売られていて、手軽に野菜をとれるようなイメージがありますが、野菜ジュースは野菜の代わりにはなりません。甘い果汁のジュースや、ソフトドリンクを飲ませるよりはいいですが、野菜を食べたことにはならないのです。

野菜嫌いで、ほとんど野菜を食べてくれない。けれど野菜ジュースだと飲んでくれるから、つい野菜ジュースを与えてしまう。こういったことは、よくあると思いますが、どうして野菜ジュースだけではだめなのか、考えてみましょう。

野菜にあって、野菜ジュースにないもの

野菜を食べるといっても、煮てつぶしたものをほんの少量だけなのが離乳期です。、煮たニンジンとニンジンジュース、ジュースは水分が少し多いけれど、そんなに違わないように思えるでしょう。けれど同じニンジンを使いながら、市販のニンジンジュースでは成分が大きく違ってしまいます。

食物繊維

野菜に含まれている食物繊維は、煮ても大きく損なわれることはありません。野菜ジュースですと、水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維がありますが、水に溶けない不溶性の食物繊維のほうは、かすとして捨てられてしまうのです。

市販の野菜ジュースには、1日に必要な量の野菜使用と書かれていますが、それは野菜の量であって、必要な栄養素が入っているという意味ではありません。

野菜を食べるのは、食物繊維をとるためです。食物繊維があるからこそ、健康な便通になります。また繊維がある野菜を噛むことによって、食べ方を学んでいくのです。

ビタミンC

野菜ジュースは製造工程で、何度か加熱されています。そのためにビタミンCや、野菜に含まれている酵素は、ほとんど破壊されてしまいます。

野菜ジュースによっては、ビタミンCなどを添加しているものもあります。本来あるものを壊し、代替えの薬品で補っているのです。

野菜は調理のために加熱しても、ビタミンCが大量になくなることはありません。蒸して調理すれば、もっとビタミンCを残せます。

蒸して食べるのに向いているビタミンCの豊富な野菜は、ブロッコリーとジャガイモです。意外ですがジャガイモは、熱にも強いビタミンCを多く含んでいる野菜です。

自家製の野菜ジュースならいいのか

市販のものよりもずっといいのは確かですが、離乳期に野菜ジュースを飲ませることに、どれほどのメリットがあるのか考えてみましょう。

母乳やミルクを飲んでいます。さらに麦茶や白湯も飲ませたいところです。そして離乳食を食べさせます。

赤ちゃんの小さな胃袋は、1度に大量の食物は受け付けられません。飲みやすいように、バナナやリンゴで甘く味付けした野菜ジュースは、喜んで飲んでくれるかもしれませんが、その他の離乳食に影響はないでしょうか。繊維質の多い自家製野菜ジュースは、それだけでかなり満腹になってしまいそうです。

むしろ赤ちゃんに飲ませるとしたら、野菜スープのほうがいいように思います。赤ちゃんも甘い味が好きですから、野菜ジュースになれてしまうと、麦茶や白湯を飲まなくなってしまいます。

幼児期になり、1日に3食とおやつ2回も食べるようになれば、そのうちの1回に野菜ジュースがでるのはとてもいいことだと思います。

市販の野菜ジュースは、野菜代わりにはなりません。甘い炭酸飲料などよりはいい飲み物ですが、離乳期にどうしても必要なものではありません。

野菜もパクパク食べられるどんぶりレシピ3選

メインのおかずに副菜、それに汁物とご飯をきちんと食べてもらいたい、というのが親の気持ちです。しかし子供は思うように食べてはくれません。きちんとバランスよく食事を摂ることはとても大切ですが、たまには手軽に食べられるどんぶりものにしてみませんか?幼児期に必要な栄養もしっかり摂れてばっちりおいしい、そして苦手意識の強い野菜もパクパク食べられるどんぶりレシピ3選を紹介します。大人も一緒に食べられるものばかりですので、大人用には少し塩分をプラスしたり辛みを足したりして、子供と同じメニューを味わいましょう。

しらすと野菜のカラフル丼

・ご飯子供茶碗1杯

・しらす大さじ2

・ほうれん草1束

・ゴマ少々

・醤油少々

・ニンジン2cm

・砂糖少々

・塩少々

・焼き海苔少量

ほうれん草は柔らかく茹で、2cm幅にカットして水気を切っておきます。ニンジンは細めの千切りにし、柔らかく茹でましょう。しらすは熱湯を回しかけ、余分な塩分を抜いておきます。ほうれん草はゴマと醤油で和えます。ニンジンは砂糖と塩で味付けをします。温かいご飯にしらすと野菜をきれいに乗せ、上から焼き海苔を散らして完成です。大人用には上から醤油を少々かけ、さらにお好みでわさびを添えてもおいしくいただけます。

肉みそと炒り卵の2色丼

・ご飯子供茶碗1杯

・鶏ひき肉30g

・玉ねぎ8分の1個

・ニンジン1cm

・しいたけ半分

・ニラ1本

・水大さじ2

・砂糖小さじ2分の1

・味噌小さじ2分の1

・醤油少々

・ごま油少々

・卵2分の1個

・塩少々

野菜類はすべてみじん切りにし、ニラ以外の野菜をごま油をしいたフライパンでよく炒めます。全体がしんなりしたら鶏ひき肉を入れて全体が白っぽくなるまで炒めましょう。鶏ひき肉に火が通ったら、水とすべての調味料を入れて5分ほど煮詰めます。煮汁が減ってきたらニラを入れてさらに1分加熱します。卵に塩を加えてほぐし、熱したフライパンで細かい炒り卵を作ります。温かいご飯に肉みそと炒り卵を乗せていただきましょう。大人用には食べる直前にお好みでラー油や七味をかけて辛みをプラスするのがおすすめです。また、炒り卵を温泉卵にしてもいいでしょう。

お手軽煮込みハンバーグ丼

・ご飯子供茶碗1杯

・合いびき肉50g

・玉ねぎ8分の1個

・卵4分の1個

・パン粉大さじ1

○ソース

・水100ml

・ケチャップ大さじ2

・ソース大さじ1

・玉ねぎ8分の1個

・しめじ6分の1パック

・塩コショウ

○付け合せ

・キャベツ2分の1枚

合いびき肉はよくこねて粘りを出しておきます。みじん切りにした玉ねぎと卵、パン粉を加えてさらにこねます。丸く形成したものを強火のフライパンで両面に焼き色を付けます。両面がこんがりしたら一度取り出しておきましょう。同じフライパンにソースを作ります。玉ねぎとしめじを半バークから出た油で炒めます。しんなりしたら水とケチャップ、ソースを加えて混ぜ合わせます。そこへいったん取り出しておいたハンバーグを入れて20分ほど煮こんだら、塩コショウで味を調えます。キャベツは千切りにしてさっと茹で、ご飯の上に乗せておきます。その上に煮込みハンバーグを乗せたら完成です。大人用には、半熟の目玉焼きをのせるとコクがアップします。