お子さんを持つ方の共通の悩みに食事の問題があるのではないでしょうか?

特に1歳~6歳までの幼児食の時期はお子さんの成長に合わせて食事を細かく変えていく必要があるので食事の準備が大変だと思います。

そんなお母さん、お父さんにおすすめの資格に幼児食マイスター認定試験というものがあります。

今回はこの幼児食マイスター認定試験について口コミを中心に紹介していこうと思います。

 

幼児食マイスター認定試験とは?

幼児食マイスター認定試験とは離乳食が終了し大体1歳半から始まる幼児食についての知識や子供の成長に必要な栄養素や最近発症が多くなっているアレルギーについての知識など幼児食に関連する知識を広く網羅していることを認定する資格になっています。

この頃親御さんが手作りで幼児食を作らずともレトルトで手軽に出来る食事がはやりになっています。時間がない時には非常に役立つものですが、濃い味付けであったり、偏った栄養や添加物が入っていたりするなどお子さんの事を考えるとあまり多用したくないものです。やはり手作りで幼児食を作ることが大切なのはいつの時代も変わりません。この幼児食マイスター認定試験では幼児食を作るときのポイントを的確に勉強が出来るためお子さんを持つ方におすすめとなっています。

またこの資格は日本安全食料料理協会(JSFCA)という協会が認定しています。この協会は薬膳調整師や漢方コーディネーターなどの食品や料理に関する知識を専門に試験、認定を行っていますのでこの分野では非常に信用が高くなっています。

 

どんな人が取得しているの?

この幼児食マイスター認定試験を取得する人が多いのはお子さんを持つお母さん、お父さんとなっています。しかし、子育てが終わった親御さんがスキルアップのためにもう一度勉強しなおすというケースも見受けられます。この資格は取得後に他の方に教えたり、幼児食についての講師を行ったりと活躍の幅が広いので様々な人におすすめの資格となっています。

更に保育士さんにとっては保育園でお母さんたちに幼児食の大切さやお弁当の作り方などを説明できるためスキルアップも見込める資格となっています。子供と携わる方には幅広く人気がある資格です。

 

幼児食マイスター認定試験の評判は?

幼児食マイスターを取得した方の口コミを見ているとみなさん取得してよかったと言っているものばかりでした。特に多い意見として取得後の生活に活かすことが出来たというものが多いです。

「実際に子供においしい幼児食を作ることが出来ました」「息子がアレルギーになってしまいましたが、知識があったために大事に至りませんでした」等のお子さんを持つ方の声から、「幼稚園でお母さんたちに向けて幼児食の講義を行い仕事の幅が広がりました」や「思い切って自宅で幼児食の講義を実際に行いました」という仕事に活かしているとの声まで様々なものがあります。

どの意見も取得後に活かすことが出来たというものが多く人気の秘訣となっているようです。

 

幼児食マイスター認定試験の試験方法は?

幼児食マイスター認定試験は幼児食に関して幅広い範囲から出題されます。一見難易度が高いものに見られがちですが、実際には実生活に深く関係しているため抵抗なく勉強できるという意見が多く聞かれます。少し専門性が高いですが、興味を持って学習すれば独学でも問題なく習得できる範囲です。その際に正しい知識を見につけるという意味でもテキストを購入するのがおすすめになります。

また受験自体は在宅で行うことが出来るので育児で忙しい方にもおすすめとなっています。

受験資格は特に必要なく、受験料は税込みで10000円となります。また日本安全食料料理協会のホームページより申し込みが出来ます。年6回の受験期間がありますので実際にホームページで確認してみてください。

お子さんを持つ方もそうでない方にもおすすめの資格となっています。自分の生活のスキルアップとして取得してみるのはいかがでしょうか?